Apple株、時間外取引で700ドル越え。絶好調iPhone 5のおかげ

次の記事

Google+はダメだ、と思っている人たちへ

Appleは今日(米国時間9/17)の時間外取引で、輝かしい700ドルクラブ入りを果たした。この株価以上で取引された企業は数えるほどしかない。ちなみにGoogleは今月これを達成した. 株価は、金曜日のiPhone 5発表に対する好調な反応に加え、同社が実際に200万台のiPhoneを最初の24時間で予約販売したというニュースによるものに違いない。この数字はiPhone 4Sが同じ期間に売れた数の2倍だ。 

Appleは今日午前すでに史上最高値で寄り付き、時価総額は約6560億ドルに達している。同社の株価はCEO Tim Cookが配当計画を発表した後も好成績を続けている。配当計画は2012年7月に有効になった。Appleはこれ以前、1995年以来株主に配当を与えておらず、株の短期売却に繋がるとしてCookの行動を批判する向きも一部にはあったが、投資家たちがAppleのハードウェア、ソフトウェアの売上および戦略に引き続き満足していることは明らかだ。

昨年Appleの予約売上は、製品が実際に店頭に並んだ週末の売上によって霞んで見えた。今年もそこでの数字によって株価がさらに上昇することになるだろう(Appleが販売対象国を増やしたため、以前の記録を破ることはほぼ保証されている)。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)