Apple:iOS 6マップは初の試み。われわれはまだ「始めたばかり」

次の記事

Google、iOS 6向け地図アプリを「クリスマス前にもリリース」との情報

AppleはついにiOS 6のマップに対する利用者の反応に沈黙を破った。件のマップはTumblrの投稿やニセTwitterアカウントを誘発し、多くの冷笑や混乱を巻き起こしていた。Appleの広報担当者、Trudy MillerからAllThingsDに宛てられた声明は要約すれば、これは初の試みであり、改善するために多くの仕事が残っていることをAppleは理解している、と言っている。

以下が声明の全文。

世界中のお客様がiOS 6にアップグレードしており、その200を越える新機能の中には弊社初の地図サービスであるApple Mapsも入っています。弊社はフライオーバーや曲がり角ごとの道案内、Siri統合などの革新的新機能とともにこのサービスを提供できることを喜んでおります。私たちはこの地図サービスが大掛かりな取り組みであり、まだ始まったばかりであることを理解した上で公開いたしました。マップはクラウドベースのソリューションであり、皆さんが使えば使うほどよいものになっていきます。お客様からのフィードバックに感謝し、さらにすばらしい顧客体験を作るべく全力を尽くしてまいります」

当然かもしれないが、これは問題を軽視し、焦点をAppleが注目して欲しいiOS 6マップの機能へと引き戻そうとしている。しかし、いらだったユーザーが単なる我慢のお願いで収まるわけがない、というのが現実だ。私はこれがこの問題についてクパチーノから聞く最後の声ではないと思っている。一夜にして解決するような話ではない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)