TwitterプロフィールのアニメーションGIF、サポート停止がいよいよ間近

次の記事

Apple:iOS 6マップは初の試み。われわれはまだ「始めたばかり」

プロフィールアイコン(アバター)をGIFアニメーションにするというのは、どうもあまり好きになれない。Twitterの場合も同様だ。個人的にはウェブクライアントをよく使っているのだが、文字の近くでアイコンがぴかぴか光っているのにはいらいらしていた。しかし自分の感覚がおかしいのだろうかと耐え忍んでもいた。

しかしどうやら、Twitter自身もGIFアニメーションに好意は持っていなかったようだ。BuzzFeedの記事によれば、TwitterでGIFアニメーションアイコンが使えなくなるのだそうだ。世の中からはちかちかと光る(Flashする)ものが減っていくという流れなのかもしれない。

BuzzFeedの内容をこちらにも掲載しておこう。

以前登録したGIFアニメーションはまだ動作する。しかし新しくアップロードしたものは動かない。つまりGIFアニメーションが完全に排除されてしまったわけではないが、今後は使えなくなるということなのだろう。

実のところ、GIFアニメーションが使えなくなるというのは随分前から言われていた。現在iPhone、Android、およびMac OS版のオフィシャルTwitterアプリケーションなどでGIFアニメーションをサポートしなくなっている。Tweetdeckやウェブサイトではまだ表示されるが、Twitterのサポートページには「今後はサポートしない」旨が記載されている。

利用者からはさまざまな反応があるようだ。

Twitterからの発表がこんなふうだと面白かろうと思っていたが、もちろんGIFアニメーションはサポートされないのだった。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)