ニュース
iPhone(製品・サービス)

iPhone 5の行列に並んでみる: これみんな電話を買うため?

次の記事

インドが35ドルのタブレットを最へき地にまで配布–教育格差の解消を目指す

Waiting in line for the iPhone 5 again and again

今テレビの番組取材に協力しているわけじゃないけど、眠れないね。5番街のApple Storeの前の空き地を観察していると、やや気が紛れる。でも、Apple行列の常連たちは、平気で眠れるんだ。もう何年も、外で眠ることに慣れてるんだね。

この記事をタイプしている今は、午前4時、新しい深夜だ。列の前の人たちは寝ているが、うしろの方の人たちは椅子も持ってきてないし、立ちん坊でばっつり起きてる。ぼくのうしろではテレビの中継車がすごいうるさいノイズを出しているし、そう遠くない屋台から匂ってくるホットドッグの匂いは、眠りたいのに眠れないときには邪魔だ。

“みんな電話を買う人なの?”、通りかかった人はたいていそう聞く。iPhone 5を手に持って、歩きながら“iPhone 5! iPhone 5!”、と叫んでいる人を見るとぼくも、この騒ぎは一体何だろう?と思う。午前4時にiPhone 5を人に見せびらかすより、おとなしく自分のベッドで寝たほうがいいんじゃないの。それとも、ぼくに貸してよ。もちろん、ベッドだけど。

それに、寒いよ。だんだん、思考力が鈍ってきた。でも明日の午前7時(東部時間)(日本時間9月21日午後9時)からは、店頭中継をライブのストリーミングでやるから、見てね。深夜〜早朝の行列のすごさを、きみもぜひ見るべきだよ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))