Facebook、検索履歴の閲覧と削除を可能に

次の記事

Foxconnの太原工場で暴動

Googleなどの検索エンジンにおける検索履歴は完全に個人的なものだが、削除できる機能を欲しがる人たちはまだいる。Facebookもこれにならい、プロフィールのアクティビティーログで、検索履歴の一部または全部を閲覧・削除できるようにする。この新機能によって、利用者はFacebookでの行動や何を探したかについて明確に知ることが可能になり、より安心に感じられるようになる。本機能は今日(米国時間9/21)から公開が始まり数週間のうちに全員に広まるだろう。

この変更は、Facebookが今以上にウェブ検索に踏み込む意志を持っていることの現れであり、新たな管理機構を追加することによって準備を進めている。

検索履歴を見るためには、プロフィール画面へ行き、右側のアクティビティーログをクリックし、ドロップダウンメニューの「すべて」をクリックすると、「検索」履歴を新しいものから順番に選んで閲覧できる。そこから、過去に探したものを再検索したり、特定の検索を削除したり、履歴全体をクリアすることができる。

現在この機能はデスクトップのみで、なにをどうやってもFacebook上の誰かがこの検索履歴を見ることはできない。ただしアカウントに誰かがログインしない限り。これまで配偶者や親に履歴を見られることはなかった。今後はそれもあり得るが、怪しげな検索はクリアしておくことができる。

現在Facebookに検索履歴を共有する手段はないが、これまで共有コンテンツ用だったアクティビティーログに管理機能が追加されたことによって、これからは自分が探しているものについて友達に知らせられるようになる。

これはTechCrunch DisruptでCEO Mark ZuckerbergがFacebookの検索について語った内容とも一致している。あの時彼は「Facebookは人々が持つ疑問に答えるための唯一無二な情報を持っている」と言った。もっと強力な検索エンジンを作ることに関して彼は、「いずれやる。そのための開発チームもある」と言った。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)