AppleがGoogleマップを捨てたのは、カーナビ機能が欲しかったからとの報道

次の記事

3分間でわかる―Apple iOS 6地図問題のまとめ

iOS 6の地図をめぐるApple、Google間に生じた亀裂は、ある重要な機能について両社が譲れなかったことに起因しているらしい。それはカーナビ機能だ。AllThingsDが明らかにした「Appleの考えに詳しい複数の情報源」からの新情報による。分裂の原因は他にもあったが、最後の決め手となったのはナビゲーションだと記事は伝えている。

AllThingsDの情報源によると、Appleは進路変更ごとのナビ機能を欲しがったが、GoogleはAndroidの重要な差別化要因を失いたくなった。 またGoogleはiOSの地図と案内機能に関してさらに強い権利を求めた。iOSのマップアプリでのGoogleブランドの明確化や、友だち検索サービス、Google Latitudeの追加などだ。Appleは自社プラットフォームのユーザーをGoogleがそこまで利用することを嫌い、結局袂を分かつことになったと記事は伝えている。

Appleは、Placebase、Poly9、およびC3 Technologiesの買収で十分自社製品の開発を進められると信じ、自力で行く決断を下した。しかし、iOS 6公開に続く消費者およびメディアの反応を見る限り、Appleは早まったようだ。

これは、AppleがプラットフォームからGoogleマップを排除することになり、しかもそれが両社間の契約が切れる1年以上前に起きた理由の説明として確かにもっともらしい。Appleは自社製マップアプリのナビ機能を強く推しており、それはAndroid利用者がiOSに対する目に見える優位性として再三指摘してきた重要な機能の一つだった。

Appleは以前から、アプリ内定期購読に関する雑誌社との激しい論争から、最近報じられたテレビ番組コンテンツのApple TVでのライブ放映に関するケーブルテレビ会社との継続交渉まで、iOSユーザーとの関係を防御してきたことで知られている。こうした流れで、GoogleというAppleの条件を呑まずに交渉テーブルから立ち去る余裕のある会社と亀裂が生じれば、まさしくこのような結果が生まれる。

本誌ではAppleおよびGoogleにコメントを求めており、情報が入り次第続報する。

アップデート:Googleの広報から以下の回答があった。

われわれは以前の声明と変わらず、Googleマップが世界で最も広範囲にわたる正確で使いやすい地図であると信じている。われわれのゴールはGoogleマップを、デバイス、ブラウザー、オペレーティングシステムによらず使いたい人たち全員に届けることだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)