Facebook、グループでのファイル共有でDropboxと提携

次の記事

パープル・ヘイズ問題―iPhone 5で撮影する際、明るい光源が画面の端にあると紫色の霞がかかる

dropbox

今日(米国時間9/26)、Facebookはファイルのクラウド・ストレージのDropboxとの提携を発表した。これによってFacebookユーザーはFacebookグループの中からDropboxサービスを利用できるようになる。

DropboxのChris Varenhorstは公式ブログの記事でこの提携を次のように説明している。

今日、われわれはFacebookグループの中でDropboxの共有が利用できるようになったことをお知らせできるので大喜びしています。研究グループのノートだろうと、バスケット・チームの試合スケジュールだろうと、家族の誕生パーティーのビデオだろうと、光速で共有できるようになりました。Dropboxに保存するだけでいいのです。

Facebookグループへの他の投稿と同様、ユーザーはDropboxで共有されたアイテムに「いいね!」したりコメントしたりできます。またアイテムのオーナーが編集を行った場合、グループのメンバー全員が自動的に編集結果を共有できます。

われわれの取材に対し、Facebookは「Dropboxとの提携は現在のグループへのファイルのアップロード機能を置き換えるものではない」と説明した。今回の機能によってユーザーはすでにDropboxにアップロードしてあるファイルをFacebookグループに投稿して共有できるようになったわけだ。

これ自体もちろん大いに便利な新機能だが、戦略的にみても興味深い動きといえる。数ヶ月前、Facebookが独自のファイル共有機能をスタートさせたとき、TechCrunchのFacebook専門家、Josh Constine記者は「これによってDropboxのような独立のクラウド・ストレージ・サービスの成長には限界が見えてくるのではないか」と推測した。しかし今回の動きからすると、FacebookはFacebook内のクラウド・ストレージをすべて自社でまかなうという非常に負担の大きい道を選ばないことに決めたようだ。

もう一つ、Dropboxのエンジニアリング担当副社長、Aditya Agarwalは以前、エンジニアリング担当ディレクターとしてFacebookで働いていたことがあるのも重要な点。DropboxとFacebookの戦略的提携を実現させた原動力はAgarwalかもしれない。

負担の大きい周辺分野に進出せず、ソーシャル・インフラの構築に専念するというのはFacebookにとって賢明な戦略だ。一方、Facebookの膨大なユーザーベースにこのサービスを知らせることができるのだからDropboxにとっても非常に大きな成功だ。現時点でFacebookは他のクラウド・ストレージ・サービスと提携する計画はないようだ。つまりFacebookはDropboxのテクノロジーに大きな信頼を置いていることになる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+