Facebook、「ギフト」でついにeコマースに進出―友だちの誕生日に靴下の実物からスタバの利用権までプレゼント

次の記事

Google、GmailにCardDAVプロトコルを採用―iPhoneとも簡単に連絡先を同期できる

Facebook Gifts

Facebookは今日(米国時間9/27)、アメリカの一部のユーザーに対してFacebook Giftsを公開した。

これはFacebookとしては初のeコマース機能だ。ユーザーはスターバックスやUberリムジンの利用チケット、Warby Parkerのサングラスその他100社のパートナー企業が販売するアイテムを購入し、友だちの誕生日や結婚などのお祝いとしてプレゼントすることができる。購入はデスクトップからもモバイルからも可能だ。友だちにはデジタルでメッセージが送られ続いて実物が届けられる。

Facebook GiftsはFacebookが5月に買収したモバイル・ギフト・アプリのKarmaをベースにしている。この機能は今日アメリカのユーザーの一部に対して公開されたが、近くアメリカのユーザー全体に拡大されるという。Facebookは世界各国での展開も計画しているという。Amazon、eBay、Etsyその他のショッピング・サイトの有力なライバルとなりそうだ。

eコマース業界は注目せよ

私はKarmaの共同ファウンダーでGiftsプロダクトの責任者、Lee Lindenにデモを見せてもらったが、大いに強い印象を受けた。LindenはFacebookGiftsが有力ショッピング・サイトのライバルになるかもしれないという私の意見に賛成した。

このサービスはFacebookの膨大なソーシャル・グラフをベースにして、オンラインでのプレゼンにつきものだった大きな問題を解決している。贈り主は相手の住所を知らなくてもよいのだ。プレゼントが贈られると、受け手にはメッセージがポップアップし、登録済みの住所に送付してよいか、それも別の住所を希望するかを尋ねられる。贈り主側でいちいち相手の住所を調べる必要がない。

ぎりぎりの時間になっても即座にプレゼントができるすぐれものツールだ。Facebook Giftsでは贈り主がプレゼントのアイテムを選択した時点で通知が届き、プレゼントしてくれたことが分かる。たいていのeコマース・サービスではアイテムを単に発送するだけなので、届くまで数日、場合によっては数週間もかかることがあり、プレゼントとしてのタイミングを逃してしまう。またGiftsは相手のプロフィールを分析して適切なプレゼントを推薦してくれる。プレゼントは好きだがショッピングは面倒くさいというユーザーにはうれしい。

Facebookは手数料の率について明らかにしていないが、アイテムやパートナーごとに変わるようだ。Facebook Giftsはユーザー当たりの売上を急速に改善するだろうと私は思う。

Facebookは2011年に1ユーザー当たり9.51ドルの売上があった。もしGiftsの手数料が10%で、ユーザーでユーザーが平均して年2回15ドルのプレゼントを購入すると、それだけでユーザー当たりの売上が30%もアップする計算だ。うまく運営されれば広告収入に次ぐ重要な収入源になるかもしれない。

Facebook Giftsの仕組

  1. 「誕生日」のセクションにアイテムの推薦が表示される。
  2. プレゼントしたいアイテムを選択する。この際スタイル、色、サイズなどを選択することもできるし、相手に選択を任せることもできる。
  3. 相手へのメッセージを入力する。このときプレゼントを非公開にするか友だちのウォールに公開するかを選択。
  4. 支払いは即時、あるいはプレゼントの出荷時点のいずれかを選択。
  5. デスクトップ、モバイルいずれでプレゼントの受け手に通知が届く。
  6. 受け手と(公開の場合は)友だちはウォールとニュースフィードで包装されたプレゼントの写真が表示される。
  7. 受け手はFacebook上で「包装を開いて」プレゼントの内容を見ることができる。この際、受け手は色やサイズ、送り先住所などを選択できる。また(贈り主にはないしょで)同額の他の品物と交換することもできる。
  8. 友だちはニュースフィードとタイムラインでプレゼントを見て「いいね!」したりコメントしたりできる。
  9. 受け手がプレゼントの包装を開き、カードを読むと贈り主に通知される。プレゼントが発送されたときにも贈り主に通知が行く。
  10. プレゼントがスターバックスやUberの利用権のようなデジタル・アイテムの場合は、受け手のスマートフォンに即座に送信されてその企業のアプリに加算される。
  11. プレゼントが実物の商品の場合は、Facebook特製のバッグに入れられてメーカーから受け手に送られる。

重要な点はこの機能がモバイルと相性が良いことだ。Lindenは「モバイル第一のプロダクトだ」と語ったが、Karmaアプリをベースにしていることを考えれば当然かもしれない。モバイルの狭い画面に広告を増やすのには限界があるのに対してプレゼントの提案はそれほど押し付けがましくない。Lindenは「Giftsは人々がFacebook上で日々行なって活動の自然な延長になると思う」と語った。

現在このGiftsでプレゼントを購入し、受け取れるのはアメリカのデスクトップ版とAndroidスマートフォンのユーザーの一部となる。iOSユーザーはプレゼントを受け取れるが、購入できるようになるのは数週間後。ただし、プレゼントを受け取ったユーザーはただちにプレゼントを購入できるようになる。国際展開についての詳細はまだ明らかになっていない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+