サイトトラフィックから見るiOS 6の普及状況およびAppleエコシステムの今後

次の記事

位置情報処理の困難さを解剖する―Appleはこの5点の解決が必要

iOS 6への移行は相変わらず急ピッチで進んでいるようだ。タッチ操作を意識したコンバージョン向上の提案を行なっているOnswipeによると、調査対象こそ少ないものの、高い割合の利用者が新OSに移行していることが見て取れるとのことだ。金曜日の朝に、Onswipeのパートナーサイトを訪れた100,000人を対象に調査をしたところ、iPhoneトラフィックのうちの59.43%がiOS 6搭載のものだった。またiPadについては41.3%が最新OSになっていたのだとのこと。

新OSのリリースから1週間を経て、iPhone利用者の半数以上が既に新OSにアップグレードしたということになる。ちなみにiOS 5の場合、リリース後4週間を経た段階での新OS搭載率が38%程度だった。両者を比較してみることで、今回の新OS採用率が驚くほどに高いものであることがわかるだろう。但し、iOS 6の方は直接ワイヤレスでアップグレードできるのに対し、iOS 5はiTunes経由で行うものであったことには注意しておくべきだろう。この差も採用率の高低に大きく影響を与えているに違いない。ちなみにPocketは今週初めの段階で、既にiOS 6の採用率がより高いデータをリリースしている。しかしこれはOnswipeのデータと矛盾するものではないとしている。すなわちPocketはiOS用のアプリケーションをリリースしているわけで、iOS 6が話題になっている段階で対応版をリリースしたことにより、iOS 6を利用する人のPocket利用率が上がったという面があると考えられるわけだ。Onswipeによれば、同社の提出する数値の方が、より「一般的」な利用者の傾向を示すものであるとしている。

「iOS 6には直接的に写真やビデオを投稿する機能が搭載されました。iPhone利用者は対応ウェブアプリケーションがあれば、即座に便利さを実感できるわけです」。Onswipe CEOのJason Baptisteとのインタビュー中での話だ。「iOS 6のSafariもさまざまな機能改善が行われています。一層便利に使えるということで、iPad利用者についても41%が新OSにアップグレードするというような動きになっているのでしょう。リリース後わずか1週間の成績として、驚くべきものだと思います」とのこと。

iOS 6が、かくも迅速に広がることにより、新OSで搭載された新機能をさっそく利用することも可能となっている。パブリッシャー、広告主、開発者のいずれも、新機能ないし新たなエクスペリエンス導入時期については大いに悩むものだ。しかしこれだけ広くiOS 6が広がることにより、投入時期についてあれこれと悩む必要がなくなっているのだ。

もちろん消費者側にしてみれば、たとえばiOS 6の地図が使い物にならないというようなことがある中で、急いでアップグレードすべきなのかという疑問は当然起こりえる。Jordan Crookが記事にしているように、Appleとしては珍しく、CEOのTim Cookが謝罪するというようなことにもなっている。iOS 6が大いに広まったということで、すなわち、地図に関しては不満を抱える人も大勢存在するということでもある。しかしどうやらCrookの記事によればAppleもこの件を重要視しているようで、おそらくはすぐにも急場をしのぐ対応策が講じられることになるのだろう。

アップデート時に生じた問題点についてはちょっと置いておこう。リリースしてすぐにアップグレードをする利用者が多いというAppleのiOS環境は、優秀な開発者の興味を集めるという面でもメリットのあるものだろう。Appleも1億台のiOSデバイスがiOS 6搭載になっているという数値を発表している。しかしOnswipeのデータによれば、Appleからの数値が発表された月曜日から、さらに多くの人がiOS 6に移行している様子。AppleのビジネスないしiOSを巡るエコシステムにとっても良いニュースであると言えよう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)