myCredit.jp

住宅ローンやクレジットカードを申込むならmycredit.jpで自分の信用情報を見てみるといい

次の記事

Facebookメッセンジャー、iOS版もアップデートされてUI変更。iOS 6およびiPhone 5を公式サポート

エクスチェンジコーポレーションはソーシャルレンディング、すなわちお金のローン商品をソーシャルの力を使って実現しているAQUSHを提供している。AQUSHの強みは借り手の信用調査に長けていることで、信用調査に得られた情報から格付けをして、それぞれの格付けによって借り手の返済利子を変えている。

その信用調査そのもののを切り出したらどうなるかなのだが、先週金曜日に行われたサイバーエージェント・ベンチャーズが主催したRising Expoでお披露目し、本日から彼らがリリースするmycredit.jpはまさにその信用調査の一部分をサービスとして提供しようというものだ。具体的にはクレジットカードの審査だとか、住宅ローンを借りる際の審査がどのような評価になっているのかがわかるというものになっている。同様のものは英国の信用情報会社のExperianが提供するcreditexpertなどがある。

mycredit.jpは実際には信用情報機関のCICが提供する信用情報を入手してそれを加工してユーザーに表示することになる。CICの信用情報は本人が申し込めば見られるものだが、実際にはそれを見ても分かる人にしかわからないのだそうだ。だから、それをFICOスコアとよばれる3桁の信用情報のスコアリングに変換するようにしている。またスコアに悪い影響を与えている要因や良い影響を与えている要因なども分析してアドバイスしてくれる。

このサービスを利用するにあたっては、当初はユーザーが1回利用するのに利用料を徴収する。利用料はいまのところ1回3,500円を予定しているが11月いっぱいまでは1,000円で利用できる。これはCICの信用情報を取得するのにかかるコストなので、原価での提供ということだ。

今後はユーザーの信用情報に基づいてターゲティングしたローン商品などの広告などを拡充しくという。