ニュース

Apple、10月25日にQ4の決算会見を開催

次の記事

Microsoft、JavaScript系の新言語、TypeScriptのデベロッパー・プレビュー版を発表

Appleは第4四半期の決算会見を10月25日に行うと発表した。開始時刻は西海岸時間2:00 pm /東海岸時間5:00 pmで、9月期以降のiPhone 5の早期実績が報告される見込みだ。

会見の様子はAppleのイベントサイトでライブ中継で見ることができるが、本誌でも結果と要約をお送りする予定だ。

すでに一部アナリストたちから同社のQ4業績予測が出されている。Sterne Ageeのアナリスト、Shaw Wuは9月期のiPhone販売台数を、iPhone 5の後押しによって約2700万台になると予想している。同氏は、さほど評価は高くないが、Appleの売上は四半期ごとに堅実な伸びを見せており、今期もそうなるだろうと言っている。

Q3の総売上は350億ドルで、同四半期にAppleは88億ドルの純利益を上げた。この結果希薄化後1株当たり利益は9.32ドルとなった。Appleの業績は数多くの非常に高いアナリスト予測と比較すると低いものだったが、同社自身の控えめな予測を大きく上まわった。

iPhoneの販売が第1、第2四半期と比べて減少したことは、業績がウォール街の予測を下回ったことと深く関係がある。今回売上が再浮上するか、あるいはiPhone 5の発売が四半期の終わりだったため停滞のままなのか、注目される。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)