eBayが物だけでなくライブのサービスも売る: イギリスでSecretGuruのパイロットを立ち上げ

次の記事

今年も11月15日にTechCrunch Tokyoを開催! 現在スタートアップバトル出演企業募集中

secretguru home page

巨大オークションサイトeBayが今日(米国時間10/2)、より幅広いオンラインマーケットプレースへの変貌に向けての、また新たな一歩を踏み出す。今回イギリスで立ち上げた新サービスはSecretGuruという名前のコンシエルジュふうサービスで、ユーザは料理、企業診断、美容などなど、いろんな分野のプロの時間を買う。これによってeBayは、TaskRabbitZaarlyCare.comなどがやっている協力型消費サービス(collaborative consumption services )の分野に参入することになる。またこれは、今後の拡大がeBayとは違うブランド名を使用することになる、ということの兆候かもしれない。

当面eBayはこれを、パイロット事業のベータ段階、と位置づけている。展開は、イギリスのみである。SecretGuruのAboutページには、“パイロット事業のごく初期(ベータ)の段階なので、さまざまな要改善点にお気づきになると思います”、とある。“みなさまのお声に真剣に耳を傾け、ご要望に対応していきたいと考えております。どうか、お声をお聞かせください”。本誌はこのサービスの今後の計画について今、eBayに問い合わせている。

eBayは言うまでもなく物を売り買いするマーケットプレースだが、SecretGuruが売り買いするものは人とその能力だ。売る人(guruたち)はこのサイト上に自分のページを持つ…一種のフォームのような定型的なページだ。そのページに、自分を売り込む言葉を書き連ねる。買い手はこのサイト上で彼らにアクセスし、料金交渉などを行う。現在は、なるべくたくさんのグルを募集中だ。

eBayのメインサイトにも人を雇うサービスがあるが、少なくともイギリスでは、eBayと言えば物の売り買い専門だ。たとえばピアノを買うと、その配送サービスを雇うことができる。しかし今回のSecretGuruは、初めてのサービス専用のオンラインマーケットプレースだ。

eBayが別のブランド名を使うのは、SecretGuruが初めてではない。でも、このところかなり長いあいだ、その動きはなかった。eBayが抱える別名ブランドは、Gumtree、StubHub、Brands4friends、PayPal(買収により取得)などだ。三行広告のKijijiは、”eBay Classifieds”と改名されている。

今の様子から見ると、SecretGuruのメインの本体は、eBayの審査選択を経たプロフェッショナルたちのリストになるようだ。今日現在では、17名しかいないが、今後も安い料金の人たちが何千人も無審査で載る、という形にはならないらしい。グルたちは料金ではなく専門分野で分類される。だから買い手も、お値段よりはその人の能力や魅力に着目する、というサービスになる模様。

以下、SecretGuruのサイトより:

“SecretGuruはあなたをエキスパート(すなわちグル)にお引き合わせするサービスです。あなたはその人たちを雇って、新しい楽しい思い出に残る経験を作ります。SecretGuruを利用すると、そういう得難い人たちを見つけるために多大な時間と労力を費やすことなく、実際に彼らの手腕を楽しむことに多くの時間を割けます。グルたちの才能と能力は多岐に亘ります。プロのシェフを見つけて豪華なディナーパーティーを開くのもよいでしょう。アーチストに特注の壁画を描いてもらうのはどうでしょう。靴のデザイナーに、靴を作ってもらうのではなく、靴の作り方を教わることには、楽しさと将来のご自分自身の実用性の両方がありますね!”

まだユーザがリビューを投稿することはできないようだが、そういう欄もいずれ必ず設けられるだろう。

今eBayにサービスの詳細を問い合わせているところだ。

アップデート: そしてこれが、eBayからのお返事: “わたくしどもeBayのイノベーションチームはつねに、新しいプロダクトやサービスを研究しております。したがいまして、今回のようなパイロット事業の立ち上げも、異例なことではありません”。イギリスではほかに、PayPalがPayPal Instoreのパイロットを立ち上げたことがある。それはユーザが自分のバーコードを作れるという、モバイルの決済/支払システムだった。

〔参考記事: 何かを習いたい人のためのプロ紹介サービス。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))