新たにリークしたiPad miniの写真―ナノSIMスロット、陽極酸化処理のアルミ筺体など

次の記事

調査報告:携帯デバイス2台持ちの人は、ニュース閲覧にも2倍の時間をかけている

ipad-mini-uk-leak-1

iPad miniの姿がだんだんはっきりしてきた。

7.85インチ・モニタのタブレットの情報がiPhone 5の場合と同様、インターネットをかけめぐっている。iPadminiは携帯無線ネットワーク用にナノSIMカードを採用し、筺体は陽極酸化処理をしたアルミニウムだという。この素材はiPhone 5と同じだが、ユーザーはすぐに傷がつくことに気づいている。

出まわっている写真は、気の早い中国メーカーがすでに売り出しているiPad mini用ケースの形状にマッチする。この写真で見ると、デザインは小型のiPadというより大型のiPhoneという感じだ。周囲のベゼル部分の幅は狭く、下部のLightningポートを挟んでスピーカーが配置されている。

これらの写真以前にリークとして出回った写真のデザインとは多少異なる。スピーカーは背面にあり、筺体はむき出しのアルミで、背面にはテーパーがつけられていた。こちらのデザインはiPhone5よりiPadに近い。

価格や出荷日についてはまだ情報がない。発表イベントは10月17日で友好的プレスには10月10日に招待メールが届くと言われている。iPad miniの価格はさほど高くはない(噂では249ドルから299ドル程度)と予想されている。出荷はクリスマス商戦に十分間に合う時期だろう。今年の年末は小型タブレットがもっともホットな製品になりそうだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+