virtual keyboard
input method
IME

Google、Gmailに75言語の仮想キーボードと多数の文字変換(IME)機能を導入

次の記事

Twitterがビデオ・ホスティングに乗り出すという噂―すばらしいが怖い面もある

input tools settings

GoogleはさきほどGmailのアップデートを発表した。Gmailで英語以外の言語をひんぱんに入力するユーザーには朗報だ。

Gmailのユーザーは100種類以上のソフトキーボードを簡単に切り替えて利用できるようになった。それに加えて、Googleは標準キーボードからの入力を各種の言語の文字に変換する機能(IME)を導入した。Googleによれば、ユーザーは現実のキーボードに制約されずにどんな文字でも入力できるようになるという。

ソフトキーボードがサポートする言語はアラビア語、ヘブライ語、タイ語、韓国語、など75ヶ国語。IMEは中国語体向けにPinyin(拼音)、Wubi(五筆字型)、Zhuyin/Bopomofo(注音符號)が、またこれと別に日本語向けIMEもサポートされている。〔漢字だけでなく、ギリシャ語その他多くの言語にIMEが用意されている。〕

これらの入力機能を有効にするにはGmailの設定を開き、言語オプションから「入力ツールを有効にする」にチェックを入れる(説明はこちら)。 Googleはこの機能を順次公開しているようなので、まだ有効になっていなければしばらくしてから試してみるとよい。

これまでGoogleはこれに似た機能を多言語を利用するユーザー向けにGoogle Input Tools Chromeエクステンションとして公開していた。Gmailに多言語入力機能が内蔵されたとはえ、こちらのChromeエクステンションはGoogle Drive、検索、翻訳などの各種Googleサービスで利用できるので依然価値がある。Googleはまた似た機能のWindowsデスクトップ・アプリとAndroidアプリを提供している。

〔日本版:訳者の環境ではすでにサポートされている。設定/言語オプションで「すべての言語オプションを表示」をクリックすると「入力ツールを有効にする」オプションが表示される。オプションを設定した後、「変更を保存」すると「設定」アイコンの左側に入力メソッドのアイコンが表示される。なお「文字変換」ではキーボードからアルファベットで発音を入力すると目的の言語の文字で候補が表示される(IME方式)。仮想キーボードを選択するとアイコンの下にソフトキーボードがドロップダウンする。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+