Facebookのユーザを悪質リンクのクリックから守るMyPageKeeper

次の記事

ティーンのハッカーがChromeのバグを見つけて賞金6万ドルを獲得(しかも二度目!)

あなたはこれまでに、Facebookの友だちからの、怪しげなお色気ビデオやリンクなどをクリックして、さらにもっと怪しげな画像やポップアップだらけのWebサイトに連れて行かれたことはない? その友だちは意図的にそんなものをポストしたんじゃなくて、彼/彼女のアカウントがハックされ、ウィルスだらけのWebサイトのリンクを、知らない間にすべての友だちに共有してしまったんだ。そのビデオやリンクをクリックしたあなたも、Facebookのアカウントをいたずらされ、コンピュータは永久にウィルスに汚染されてしまっただろう。

そこでカリフォルニア大学リバーサイド校のエンジニアたちが、悪質なハッカーが作ったポスト(post, 投稿記事)を検出するFacebookアプリMyPageKeeperを作った。アプリのテストは12000名のユーザの4000万ものポストに対して行い、悪質なポストの97%を正しく見つけることができた。

“今ではいろんな意味で、FacebookがメールやそのほかのWebサイトなど、インターネット全体に換わるものになってしまっている。だからかつてインターネット全体のためにスパムリンク検出ソフトが必要だったように、今やFacebook上にも同じものが必要だ。MyPageKeeperは、まさにそのためのアプリケーションだ”、とコンピュータ科学科のMichalis Faloutsos教授は言う。Faloutsosの所見によると、Facebookユーザの半数近くは、友だちからの“すごいビデオよ、見て!見て!”などのポストによって、ソーシャルなマルウェア(socware, ソクウェア)に触れている。

MyPageKeeperは”FREE”(無料)、”Shocked”(ショッキング)、”Hurry”(今すぐ)など、およそ100のキーワードをスキャンしてソクウェアを検出する(100語で十分だそうだ…ただし現状は英語のみ)。Like(いいね!)が少なかったり、コメントの少ないポストはソクウェアの可能性がある。あやしい画像を最初から感づくユーザもいるし、クリックしておかしなところへ連れて行かれたら、そんなリンクをLikeするはずないからね。

リンクの上をマウスがホバーすると、ブラウザの下の方にそのURLが表示される。それが、信頼できるサイトやFacebook自身なら、クリックしてもまず安心だ。短縮URLは、悪質なリンクの正体隠しに使われることが多い。

MyPageKeeperの入手はここで。

〔訳注: 日本語版を作った方は、ぜひ、この記事のコメント(等)で告知をお願いします。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))