ピストを超える。究極のシンプルビューティーを手に入れた(直駆型)自転車

次の記事

9月の検索エンジン市場シェア、Yahooは0.6%ダウン(comScore調べ)

ピストバイクというのは、普通の自転車とはちょっと違った種類に属する。一風変わった面白さというのも感じる。しかしどうせのことならギアのついていないチェーンなど取り去って、そしてリアホイールに直接ペダルを付けてみたらどうだろう。というわけで登場してきたのが見るも驚きのプロダクトだ。名付けてBicymple。全くみたこともないようなデザインによって、究極のシンプルさを手に入れた。

フロントホイールとリアホイールの位置が異様に近く、両者の間にチェーンはない。ペダルはどうしたのかと探せばリアホイールに直接取り付けられている。座る位置もリアホイールのすぐ上という感じで、ピストの進化系というよりも、タイヤの二つ着いた一輪車(変な話だが)といった感じでもある。

制作者であるJosh Bechtelは次のように言っている。

奇をてらったつもりはないのです。快適で便利、そしてメンテナンスフリーに近い手軽さを目指したらこうなったんです。軽量でホイールベースを短くしたことで細かい動きが可能になりました。後輪ステアリングモデルも用意していて、昔たまにみかけた「スウィングバイク」のような感じで、急角度で曲がってみたり、あるいはカニ歩き風走行ができたりします。

今のところ価格や購入方法の詳細についての情報は掲載されていない。しかし大いに注目も集まっているようで、間もなく購入できるようになるのではないかと思う。この自転車ならディレーラーの調整も必要ない。またロングライドの途中でチェーンが外れ、直すうちにオイルで真っ黒になることもない。ぜひ使ってみたいものだと思っている。

プロダクトページはこちら

原文へ

(翻訳:Maeda, H)