Google、メイン検索ボックスからGmailも検索する機能を拡張―Google Driveも対象に

次の記事

10月23日のAppleイベントではiPad miniに加えて13インチRetinaディスプレイのMacBook Proも発表されるとの情報

数ヶ月前、Googleは検索機能で新しくベータテストを開始した。これは私も利用して実際大いに感心した。簡単にいえば、Googleのメイン検索ページ、Google.comからウェブと同時に自分のGmailの内容が検索できるという機能だ(Googleアカウントでのログインが必要)。私はフライトの予約確認や会合の案内をGmailで非常に多数受け取っている。これがいちいちGmailを開かなくても検索できるのはありがたい。

今日(米国時間10/15)、Googleはこの実験をもう少し拡大することを発表した。今後はGmailだけでなく、Google Driveに保存した内容も検索することができるようになる。公式発表によればこうだ。

われわれの実験には、「Gmail検索が追加されたのはすばらしい! 検索結果が1枚の画面にまとめて見られるメリットはきわめて大きい」などの好意的なフィードバックが多数よせられている。「Google検索から自分のGoogleドキュメントが検索できたらさらに便利だ」など、実験への参加者の多くが、「Drive中のファイルも検索対象にしてほしい:)」と希望していた。

そこでわれわれは新しい実験機能をリリースした。この実験に参加するユーザーはGoogle.comの検索でGmailに加えてGoogle Driveも同時に検索できるようになる。

相変わらず一部のユーザーにとってはこれはプラバシー上の懸念を呼び起こすかもしれない。しかしGoogleはメールの場合と同様、Google Driveの中身を実際に「読む」わけではないし、参加は完全なオプトインだ。これは非常に便利な機能だ。いちいち別個にGooge Driveを開く手間が省けるだけでなく、Googleがすべてのプロダクトを横断して統一的に最適化したユーザー体験を提供しようとしている流れにも沿う。私の環境ではまだGoogle Driveの検索が統合されていないが、今予定している私の結婚式の準備に関するさまざまな詳細を「忘れている!」と怒鳴られなくてすむようにしてくれるものと期待している。

実験への参加はここをクリックする。読者が利用した感想をコメントで知らせていただきたい。

〔日本版:この機能は訳者も申し込んだが、参加承認のメールがまだ来ない。ある程度時間がかかるようだ。〕

[原文へ]

(翻訳:tp://www.facebook.com/namekawa01">滑川海彦 Facebook Google+