Google Playのデベロッパコンソールが新装開店–アプリのランクを知る機能が充実

次の記事

パーティー中に我が家のランプの写真がシェアされたら

google-play-logo

Googleは6月に行われた今年のGoogle I/Oカンファレンスで、同社のメディアストアアプリGoogle Playのデベロッパコンソールの新バージョンをプレビューした。新バージョンはその後ずっと非公開ベータだったが、今日(米国時間10/15)からすべてのデベロッパが利用できる。

それを試すには、これまでのコンソールの上部の”Try the new version”をクリックするか、またはこのリンクをクリックする。ただし一般公開されたとはいえ、複数のAPKのサポートやAPK Expansion Files、アナウンスメントなどの機能は未実装だ。

欠けている機能があるのに、なぜ一般公開したのか? Googleによれば、新しいインタフェイスはロードも速くてナビゲートも容易だと言うが、でもいちばん重要な新機能はユーザによるアプリの格付け(ランキング)を調べる機能だろう。しかも下の図でお分かりのように、アプリのランクを時系列で国別、デバイス別、言語別、キャリア別、Androidやアプリのバージョン別に、グラフで見ることができる。

またこの新コンソールでは、アプリを出品する過程も改良された。アプリを49の言語でパブリッシュでき、また複数言語間の自動翻訳機能もある。

Google Play console screenshot

Google Play Developers Console Screenshot 2

Google Play Developers Console screenshot 3

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))