JavaScriptに置き換わるGoogleの新言語DartがSDKをリリース

次の記事

Apple iPad miniのストレージ、ディスプレー、無線通信オプションを予想する

happy birthday dart

Googleが今からちょうど一年前にロンチしたDartは、複雑なWebアプリケーションを書くためのオブジェクト指向言語で、Javaのようにclassを主に使う。今日(米国時間10/16)の誕生日にDartチームは、Dart software development kit(SDK)の最初の安定版の提供を開始した。Dartのチームによると、この最新のSDKが提供する仮想マシン(VM)はGoogleが誇るV8 JavaScriptエンジンよりも速いそうだ。

SDKはWindows用、Mac用、Linux用がそれぞれあり、オープンソースのDart Editor(エディタ)と、DartをネイティブでサポートするChromiumブラウザのビルドが含まれる。

ChromeブラウザにはまだDart VMがないが(そのほかのブラウザも!)、SDKにはDart→JavaScript翻訳ユーティリティが含まれているので、Dartで書いたプログラムをいろんなブラウザで動かすことはできる。

Dartは明らかにきわめて野心的なプロジェクトだが、主なブラウザがこぞってサポートしなければ、その未来は開けない。しかしGoogleはこのプロジェクトに対して本気であり、Dartの作者Lars Bakは今日の発表声明で、彼のチームは“SDKの進化を今後も積極的に進めていく、Dartの堅牢性とパフォーマンスを改良する、そして後方互換性を維持しつつ言語をファインチューニングしていく”、と言っている。

Dartのチームが今日発表した改良点は、以下のとおり:

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))