Apple、iPad mini発表イベントの招待状を発送。日時は太平洋標準時で10月23日の午前10時より

次の記事

Microsoft本社の魔法のショップでSurfaceにタッチしてきた―デザインのインスピレーションはモレスキン

ipad-mini-event-inviteどうやらiPad miniを全世界に向けて紹介する準備が整ったようだ。Appleからメディアに対してイベントの招待状が届けられた。招待状に記された時間は10月23日の午前10時(太平洋標準時)、場所はサンノゼのCalifornia Theaterだ。

iPad Miniについてはさまざまな噂があった。曰くアルミ筐体でiPhone 5同様にカラーオプションがあるとか、セルラーネットワークへの対応について、また、コストダウンのためにレティナディスプレイを搭載しないとか、はたまた出荷日は10月末であるとかないしは11月になりそうだなどなどのものだ。また、このイベントにおいてiPad miniと同時にリニューアルしたフルサイズiPadも同時に発表されるのではないかという噂もある。こちらはLightning Dockコネクタを搭載し、多少のスペック向上が行われるのではないかとされている。iPad miniについては価格についてもさまざまな予測がなされていて、249ドルであるというものから399ドルスタートの価格設定になっているというものまである。

また、新たにiPad miniのバリエーションに関する噂も入ってきた。ワイヤレス接続の種別ないしディスプレイのスペックに違いがもたらされるというものだ。もしAppleが構成についてさまざまなオプションを実現するというのであれば、この点こそが既存の製品ラインのあり方と最も大きな方針転換ということにもなり得る。

さまざまな噂がある中、まず間違いないと思われることのみ記しておこう。まずiPad miniは小型化したものである(おそらく7.85インチ程度)。実は他に明らかになっていることというのはまだない。来週のイベントで解像度や動作速度などについての説明が成されるのだろう。発表に際してはTechCrunchでも速報体制を取るので注目していただきたい。またMacについても新モデルが登場するという話もある。こちらには13インチレティナディスプレイ搭載のMacBook Proや、新しいiMacなどが予定されているという話だ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)