ニコニコが有料電子書籍ストアを開始

次の記事

Microsoft SurfaceのチームがRedditの‘何でも聞いてね’に出演–ユーザの質問に答える

niconico logo本日、六本木・ニコファーレでニコニコ新サービス発表会が行われた。ニコニコはニコニコ静画というイラストや漫画を閲覧し、ニコニコ動画のように皆でコメントできるサービスを提供しているが、新たにニコニコ静画アプリ内に電子書籍ストアを開設することを発表した。

ニコニコ静画はすでにアプリ内で無料電子書籍を読むことができるのだが、これからはストアを追加して電子書籍販売にも参入する。今までは角川文庫と提携し、角川文庫が提供するBOOK☆WALKERで購入した電子書籍をニコニコ静画でも閲覧できるようにしていたのだが、これからはニコニコが独自にストアを展開する(BOOK☆WALKERとの連携も引き続き行う)。

ニコニコ静画アプリでは現在、無料連載作品が325作品公開されているが、ストアを開設すると同時に出版社124社と提携し、電子書籍数は約3万冊まで増やしているという。提携先には少年コミックや集英社なども含まれており、ストア内にはジャンプコミックストトアも開設される。なお、3万冊の書籍リストも公開されている

電子書籍の購入にはPC版では「ニコニコポイント」を、ニコニコ静画アプリ内では新しく「ニコ書券」という仮想通貨が持ち入られる。この仮想通貨はiOSアプリ内のみで使用できるが、iOSで購入した電子書籍をPCで閲覧、またその逆も可能だ。Androidアプリについては現在「頑張っている」状態とのこと。

電子書籍ストアは10月24日15時にオープンする。

niconico

発表界では他にも、ニコニコ動画・生放送の新バージョンQが発表された。前バージョンの0(Zero)に毛が生えた程度アップデートしたというQは主にインターフェイスが変更され、PCだけではなく、他のデバイスでも使いやすいデザインになった。動画の視聴履歴をスマホでも見れるようにしたなどモバイルへの対応も強化されている。なお、0(Zero)はQにバージョンアップするが、「原宿」は継続して利用できる。