IT teaching
computing skills

イギリス政府のコンピュータ科学教師育成事業にFacebookやMicrosoftなどが協力

次の記事

1000軒のお店を一箇所で比較ショッピングできるiPadアプリFlit

4401344940_d3d1b26e70_m

イギリスの学校のコンピュータ科学教育は、長年破綻している。ICT科目の焦点が甘く、子どもたちにコンピュータのソフトウェアの使い方を教えるが、ソフトウェアの作り方は教えない。今年の初めにイギリス政府の某大臣は、今のITの授業は‘壊滅的なまでに退屈だ’と表現した。さらにその前には、Googleの会長Eric Schmidtが昨年、慎重に言葉を選びながら、この国は(チューリングなどが築いた)コンピューティングの貴重な遺産をどぶに捨てようとしている、教養科目ばかり重視してコンピュータ科学をないがしろにしている、と警告した。

それ以降政府は、慌てふためいたようにこの問題への取り組みを開始した。昨年は、IT中心型の大学入学資格を新設すると発表し、児童生徒にはそのためにコンピュータプログラミングの基本原理を教える、とした。そして1月には教育大臣が、嘲笑の的となっているICTのカリキュラムを廃止し、新たにコンピュータ科学のカリキュラムを導入する、との意向をあらためて表明した。現在検討中のカリキュラムと授業計画が完成し、実際に学校で授業が始まるのは、2014年の予定だ。

そして今日政府は、コンピューティングを正しく教えることのできる技能を持った新世代のコンピュータ科学教師を集めるための方策を、新たな政策綱領として発表した。つまり、Microsoft Wordの使い方を教えるだけの先生はもう要らない、というわけだ。しかし、とは言いながら、IT教育の刷新のためには、皮肉なことにMicrosoftの支援も仰ごうとしている。Microsoft ResearchのDistinguished Scientist、Chris Bishop教授は、イギリス政府の発表を支持する声明の中で、この皮肉については触れていない:

学校におけるテクノロジの教え方を改善することには、Microsoftも大いに賛同します。また、教育にテクノロジを利用する方法も、改善すべきです。Computing at School作業部会の創設メンバーとして私たちは、教師と青少年の両方にコンピュータ科学の重要性の理解を育む方法を、長年検討してきました。

本日発表された奨学制度のような施策は、イギリスがコンピュータ科学の才能の太い補給ラインを今後も確保していくために、欠かせません。それはまた、この国の将来の繁栄にとっても、重要な施策です。

イギリス政府は、コンピュータ科学教師育成のための、Computer Science Initial Teacher Training教師育成課程に、MicrosoftだけでなくFacebookやIBM、BTなどの協力も求めている。それは現在の、Information and Communications Technology(ICT)課程…すでに政府の予算が本年度からない…に代わるものだ。Facebook、Microsoftなどの企業は、この新課程において未来のコンピュータ科学教師が修得すべき最低要件をまとめた文書の、作成にも協力している。

優秀な学卒者をIT教育に魅きつけるための奨学金(2万ポンド、50名)は、すでに今年から提供される。対象となるのは、1級または2級の上で大学を卒業した者だ。もちろん、Schmidtが批判した教養/人文系の卒業者でも申請してコンピュータ科学教師になれるから、これまた皮肉だ。ただしコンピュータ科学の基礎概念とプロセス*の理解に関する試験に受からないと、この奨学金は交付されない。〔*: プロセス, 問題解決への取り組み方法やプログラミングのこと。詳しくは上記PDF文書を。〕 

教育省のスポークスマンは、大学におけるコンピュータ科学の履修を応募要件にしない理由として、数学などほかの科目の学位取得者を排除しないためだ、と言った。

Facebookは、奨学金交付対象を選ぶ過程に参加するらしい。上記スポークスマンによると、たとえば面接を担当したりする。Facebookのイギリス&アイルランドPublic Policy担当部長Simon Milnerは、声明文の中で、“これは高品質なコンピュータ科学教師を学校に導入するためのポジティブなステップであり、それはまた、今後より多くの青少年が正しい技能を取得してわれわれのデジタル産業に加わり、それを引っ張っていくためにも、不可欠な施策である”、と述べている。

今いるICT教師たちも、政府が今日発表したもう一つの施策により、技能アップのターゲットになる。初年度予算は15万ポンド、再教育の対象は500名の既存ICT教師だ。

[画像: LSE Library]

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))