Google、10月末イベントでは10インチNexusおよび3G対応Nexus 7タブレットをリリース予定

次の記事

アナリスト、iPad Miniの製造コストを195ドルと推定。予想価格は329ドルから。粗利率40%

inviteNext Webの記事によると、Googleによる10月29日のイベントで発表される新デバイスの中には、Android 4.2を搭載した新Nexusタブレットがあるのだそうだ。機能拡張版(3G接続対応)および10インチのNexusタブレット、そしてLGからはNexusフォンがリリースされるのだという。

「Googleのプロダクトプランに詳しい人物」からの情報だそうだが、まず、Nexus 7の32GB版が出てくるのだそうだ。こちらの方は既に多くの人が知っている情報で、耳新しいところはないだろう。しかし、この32GB版に実はHSPA+対応3G接続モデルもあるのだとのこと。これにより外出先でもすぐにネットワークが利用できるようになるわけだ。ご存知のことと思うが、これまでのNexus 7はWi-Fiモデルのみだった。この点で移動の多い人はiPadの方に魅力を感じることとなっていただろう。Wi-Fi対応でこれが改まるわけだ。

またSamsungが10インチのNexusタブレットを製造しているという話もある。Android 4.2を搭載し、画面解像度は2560 x 1600。ピクセル深度でいうとiPadのRetinaディスプレイを上回る300ppiを実現することになるそうだ。さらにNexusラインの話だが、以前から噂されるLGのNexusスマートフォンの詳細スペックについても記されている。こちらもAndroid 4.2を搭載し、アカウント制御機能が搭載されるのだそうだ。つまりひとつのデバイスを共有して、複数の人が自分のプロフィールを設定しておき、それにより異なったアプリケーションやサービスにアクセスできるようになる。

この発表イベントについての招待状は先週送付されている。10月末のイベント予定がこれにより一層忙しくなったというわけだ。Microsoftは複数のイベントを予定しているし、AppleやSamsungのイベントもある。AppleのイベントではiPad miniの発表が予想されているが、Googleはその直後にNexusラインの新機種群を発表するということになるわけだ。これからのホリデー商戦を控え、消費者のマインドを自分の方にひきつけようとする作戦だろう。もちろんイベント実施時にはTechCrunchでも詳細をカバーすることにしている。10月29日、Googleからどのようなプレゼントがあるのか、期待して待っていたいと思う。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)