trekker
Street View

Google、バックパック式ストリートビュー・ビューカメラを公開―グランドキャニオンをトレッキング

次の記事

Zyngaのマーク・ピンカスCEO曰く:目標を達成できなかったのは「新しい興奮を生み出せなかったから」。それとモバイル

google_trekker_grand_canyon

Googleは先ほど、新開発のバックパック式のストリートビュー・カメラ、Trekkerでグランドキャニオン国立公園の絶景トレールを歩いて撮影しているところを披露した

もうすぐ、息を切らしてブライトエンジェル・トレールを自分で上り下りしなくても、居ながらにしてコロラド川まで下る仮想ツアーが体験できるようになる。Googleによればこのグランドキャニオン遠征でTrekkerシステムが初めて屋外に出たのだそうだ。

バックパック式の撮影システムは今年初めのGoogle Maps 3Dイベントの会場にも現れていた。最初のストリートビュー撮影システムはワゴン車いっぱいになるような装置だった。しかし今や全システムが(かなり重そうだが)バックパックにすっかり収まってしまう。全世界で有名になったストリートビュー撮影車に加えて、Googleは三輪車からスノーモービルまでさまざまな撮影システムを用意して、大学の構内から南極まで画像に収めている。今年、Googleはストリートビュー・カメラをスイスの列車に設置して撮影した.

グランドキャニオンのストリートビューのGoogleマップでの公開について、Googleは「もうすぐ」というだけで期日は明らかにしていない。しかしTrekkerシステムで撮影する対象としてはグランドキャニオンはまったく理想的だ。「この壮大な谷は世界でももっとも驚異的な景観の一つだろ。しかも徒歩でなければ峡谷の中に降りていくことは不可能だ。岩だらけの狭く険しい道にも自由に入って行けるバック式のTrekkerシステムの威力を証明するには打ってつけの環境だ」とGoogleの担当者はわれわれに説明した。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+