Zynga(企業)

Zyngaのマーク・ピンカスCEO曰く:目標を達成できなかったのは「新しい興奮を生み出せなかったから」。それとモバイル

次の記事

Zynga、大手専門業者と提携して来年イギリスでオンライン・カジノ事業に参入

Zyngaの最新決算報告に関する電話会見でCEO Mark Pincusは、同社が自身で設定した成長目標を達成していないことを認め、その原因を2つ挙げた。「ゲーム作り」と「モバイルの成長」だ。

ゲーム作りに関してPincusは、ZyngaはVilleブランドのゲーム群に関して「エンゲージメントの歴史的水準を維持」することに苦闘したと言った。「われわれはコンテンツや機能にイノベーションで、プレーヤーたちを魅するだけの新しい興奮を生み出せなかった」。さらに彼は、会社がそうした落ち込みを補うだけの新しいゲームを提供できなかったことにも触れた。

モバイルに関しては、「業界が予想していた以上にプレーヤーはスマートフォンやタブレットを利用した」と語った。言い換えればモバイルゲームの成長は、Zyngaのウェブゲームにプレーヤーを引き付けるのが困難になることを意味している。

これらの発言は、昨日Pincusが5%の人員削減とゲーム13種類の終了を含む「コスト削減計画」を発表したことに続くものだ。

人員削減や他にも問題があることを認めながらもPincusは、「当社の中核ビジネスの成長と利益性」には自信を持っていると語った。例えば彼は、ここまでZyngaがFarmville 2(50万ユニークプレーヤー、6000万月間アクティブプレーヤー。決算報告による)とChefvilleで成功していることを指摘した。さらに彼は今後について、同社が来年の各四半期にウェブゲーム2種、モバイルゲーム4種をそれぞれ公開する計画であると言った。

会見の後半にこれらのコメントに関する詳細を求められたPincusは、Zyngaは今年一定の成功を収めたが、「一貫性」を維持することができなかったと話した。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)