aapl12q4

Apple、2012年Q4決算:売上360億ドル、純利益82億ドル、1株あたり利益8.67ドル

次の記事

AppleのCEO Tim CookがMicrosoftのSurfaceを“妥協と混乱の産物”とけなす

Appleが先ほど会計2012年度第4四半期の決算を報告した。消費者コンピューティング巨人の売上は360億ドルだった(前四半期は350億ドル、前年同期は282.7億ドルだった)。

また、利益は82億ドル(Q3は88億ドル、2011年Q4は66.2億ドル)、希薄化後1株あたり利益は8.67ドルだった。

FortuneのPhilip Elmer-DeWittが今日発表前に指摘していたように、アナリストらは先日CEO Tim Cookが1億台目のiPadを売ったと発表したことを受け、予測数値をいじっていた。これは一部アナリストによるiPadの大胆な販売予測が的外れであったことを示唆していた。大方の予測は、1株あたり利益8.84ドル、売上362億ドルあたりだったが、最終的にそれぞれ8.75ドルと358億ドルへと下げられた。Appleは売上で何とかこれをクリアしたが、利益では下回った。ただし、予測は何とでもいえることは銘記しておくべきだろう。

例によって、Apple自身によるQ4の予測はかなり控えめだった。CFOのOppenheimerが前四半期のリリースで上げていた数字は、売上約340億ドル、1株あたり利益「約7.65ドル」だった。最も重要なホリデー購買シーズンを控えて、Oppenheimerは期待を裏切らないために、またも「保守的」な予測を出した。同社の売上予測は520億ドル、1株あたり利益11.75ドルだ。

Appleの報告によると、同社はQ4にiPhoneを2690万台販売した。Q3の2600万台からは十分な伸びだが、それでもウォール街の期待には応えられなかった。Fortuneによるとアナリスト予測の中間値は、販売台数2700万台だった。それでも対前年比では驚くべき成長である。Appleの2011年Q4のiPhone販売台数は、比較的不十分な1707万台だった。

ところでこのうち何台がiPhone 5なのだろう?残念ながら、「発売直後の週末だけで500万台のiPhone 5が販売された」という自画自賛のプレスリリースに以外に具体的数字は発表されておらず、モデル毎のiPhone販売台数は不明だ。今期のiPad販売は1400万台に減少したが(AppleはQ3に驚異の1700万台を売った)、この少なくとも部分的な理由は、ついに噂が本当になったiPad miniによる買い控えによるものだろう。

全体的にみて、今期のAppleは入り交じった結果だった。しかしこれは、文字通り嵐の前の静けさでもある。ホリデーシーズンの熱狂を数週間後に控え、(お気づきでないかもしれないが)Appleは同社消費者向け製品ラインの殆どを、2日前の一掃で入れ替えたばかりだ。中には当分いじる必要のなかったものもあるが、iPad mini13-inchレティナMacBook Pro、および新デザインのiMacMac miniは、いずれも2013年Q1をまさしく大きなものにするべく、あつらえられた製品だ。

要点はこうだ。Appleは2012年Q1に嘘のような460億ドルを荒稼ぎし、ありとあらゆる予測を大きく余裕で上回った。今後起こることを占うために、Apple恒例の収支電話会見は東海岸次官午後5時から始まる。目が離せない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)