googlelaunch2012

Android 4.2 Jelly Bean発表:マルチアカウント管理機能や新しいGoogle Play、まずは同時発表のNexus10、Nexus 4にてデビュー

次の記事

Angry Birds、スター・ウォーズとのマッシュアップ版リリースを控え、ティーザービデオ第一弾を発表

jb-new-logoGoogleはニューヨークで予定していたNexus関連のイベントを、残念ながら中止せざるを得なかった。しかし発表を予定していたプロダクト群に雪や雨、熱波や夜の闇がおそいかかったわけではない。プロダクトの内容はブログなどでリリースされることとなった。ここで取り上げるのはAndroid 4.2 Jelly Beanだ(一部ではKey Lime Pieだと言われていたが違ったらしい)。

この4.2はまず、Googleの最新デバイスであるNexus 10タブレットおよびLG Nexus 4スマートフォンにて、メーカー別UIなどを被せずにピュアな状態で利用されることとなる。

事前に伝えられていたように、Android 4.2では複数のユーザアカウントが利用できるようになる。家族間でデバイスをシェアしつつ、利用時には自分の設定で使うことができるようになったわけだ。また「Quick Settings」の機能を持ち、右上のアイコンをクリックすることでアカウント、WifiやBluetoothの設定、輝度調節、機内モードの設定を素早く行うことができるようになっている。

フォトギャラリーも新しくなった。しかしより注目すべきはPhoto Sphereなのだろう。リリースによれば、360度のパノラマフォトを撮る機能が加わったのだそうだ(もちろんこれはiOS 6のパノラマ機能に対抗するものとして用意されたのだろう)。撮影したパノラマ写真はGoogle+やGoogleマップ上で公開することができる。

またAndroid 4.2にはジェスチャタイピングを搭載している。文字表示の上をタップするのではなく、Swypeのように指を滑らせることで入力を行なっていく。またGoogle Nowもアップグレードされ、フライト情報、レストラン予約、ホテルの空き室状況、宅配荷物の運送状況などを確認できるカードが追加されている。

コンテンツを大画面で楽しみたいと考えている人にも朗報がある。すなわちMiracastワイヤレスディスプレイに対応しているのだ。これにより映画やゲーム、ブラウジング等を大画面HDTVデバイス上にて、ワイヤレスに楽しむことができるようになっている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)