Google、Gmailの「作成」と「返信」をリニューアル

次の記事

ハリウッドとテクノロジーがさらに親密化―ディズニーがスターウォーズのルーカスフィルムを40.5億ドルで買収

3335608004_b7f26eeb5c_z

メールを書くのは面倒な仕事だ。一通送るのにあちこちのボタンを押さねばならないとイライラしてくる。今日(米国時間10/30)、GoogleはGmailに新しいメール作成/返信ビューを導入した。これで多少の時間の節約が図れるだろう。

私は当初からのGmailのユーザーだが、Googleはその後何年もかけてユーザーインタフェースを改良してきたのはありがたい。私はメールは依然として好きではないが、Gmailがわれわれのコミュニケーションの方法を画期的に変えたのは間違いない。

今回の改良は今日からユーザーに順次公開されるはずなので、受信トレイに注目しておこう。

Gmailチームによれば、こういうことだ

私たちはGmailを速くし、簡単に使えるようにするために努力しています。今日、メールの「作成」と「返信」を完全にリニューアルしました。

メールを書くときに他のメッセージを参照する必要があることはよく経験すると思います。下書きを保存して、以前のメールを検索して呼び出し、また下書きを開くなどしているうちに何分も無駄になってしまいます。新しい「作成」ビューはチャットのように別ウィンドウとしてポップアップします(ただしもっと大きい)。

これによって他のメッセージを参照するのがずっと簡単になりました。作成途中のメッセージを閉じることなく他のメッセージが開けます。検索したり、新着の別のメッセージを読んだりできます。また新しいメッセージ作成窓は、チャット窓と同様複数開けます。つまり同時に複数のメッセージを書き、任意の窓を最小化して、後で続きを書いたりできます。

Googleは「メールに返信する場合、元のメッセージに密着してより少ないスペースで書けるようにデザザインを変更した」としている。デフォールトでは最小限の機能のみ表示される。必要に応じて書式設定、ファイルや画像の添付、スペルチェックなどを呼び出すことができる。Googleによれば今回のリニューアルはこれで完了したわけではなく、さらに数ヶ月かけて新機能が導入されるという。

〔日本語版:訳者の環境では新デザインがすでに有効になっている。「作成」、」「返信」ボタンをクリックすると新デザインの紹介がライトボックスで表示され、OKをクリックすると利用できるようになる。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+