zetrip
inspiration ventures

友人の旅行関連情報をFacebookから集め、各種インフォグラフィックにも仕上げてくれるZetrip。期待を集めてシード資金も調達

次の記事

Samsungの249ドルChromebook試用レポート―当然の限界はあるもののコストパフォーマンスは最高

zetrip logoFacebook上の友だちがこれまでに行ったアクティビティを通じて、自身の旅行プランニングを考えようとするZetripというスタートアップがある。つい先日、Inspiration Venturesよりシード資金の提供を受けたようだ。金額等詳細については非公開となっている。

共同ファウンダー兼CEOのEdouard Tabetによると、同サービスを思いついたのは昨年のことであるそうだ。ガラパゴスに出かけようと思いたち、それならばとFacebook上の友だちに、ガラパゴス旅行をした人がいないかどうか探してみたらしい。

「そうした類の情報をFacebookから探すのはとても大変なんですよ。そこでAPI経由で関連情報を抜き出して分析するような仕組みを考えてみようと思ったのです」と、メールで説明してくれた。「実際に作ってみると、既にガラパゴスを訪問した友だちが何人もいて、すごく楽しそうな写真も何枚かみつかりました。Facebookには旅行関連情報という宝物がたくさん眠っていることがわかりました。そうした情報を抜き出すことができれば、面白くもあり、また次の休暇予定を立てるのにとても役立つだろうと思ったのです」。

Tabet曰く、友人からの旅行報告などを多く目にするようになり、自分では考えていなかったところに旅行に出かけようと思う人も増えるのではないかとのこと。

zetrip screenshot

どういった情報をどういった形で入手できるのかについては、下のデモビデオを見てみて欲しい。たとえばPhotoセクションでは、すべての友人による旅行関連写真が国毎に表示される。Mapセクションというものもあり、友人がどこにでかけたのかを地図上で一覧することができる。その状態で興味のある地域をクリックすれば、そこに出かけた友人の情報が表示されるようになっているのだ。また、自分の旅行写真をまとめて保存しておく「トラベルスクラップブック」の機能も用意されている。

最も目を惹くのは、自分のネットワークにいる人びとの旅行情報を読み取って、インフォグラフィックを作成してしまう機能だろう。旅先人気ランキングや旅行者ランキングなどを作ってくれる。Tabetの旅行関連プロフィールはこちらから見ることができる(プロフィール作成には24時間程度かかるそうで、私のものはまだ作成中だ)。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)