iPad miniのディスプレイを顕微鏡で見る: iPad 4ほど良くないがiPad 2よりはずっと良い

次の記事

スマートフォンのために多様なセンサーを揃えたNode, 用途は無限

iPad miniはそのディスプレイだけ、多くのリビューで、Appleにしてはお粗末とけなされているが、 しかしRepair Labsが作った顕微鏡写真は、ぼくが個人的に感じていた次のことを裏書きしている: miniのディスプレイのクォリティはレティナディスプレイのiPad(3と4)ほどではないが、でもiPad 2に比べるとずっと上である。実際のところ、iPad miniの画素サイズはiPad 4のそれの1.5倍にすぎないが、iPad 2では4の2倍ある。つまり、iPad 2はiPad miniよりも画素が大きくて画質が粗い。

ユーザにとっての意味は? Repair Labsによると、iPad 4の画素サイズはiPad 2の1/2、 iPad miniの2/3だから、miniと4では違いが目立たない。しかしiPad 2と4では差が大きい。ということは、画面の質から言うと、iPad miniの方がiPad 2よりも上、ということだ。miniは、レティナのiPadやMacBook Proと比べるとやや見劣りはするものの、iPad 2に戻るよりはずっと良いのだ。

これらの製品を持っていない人も、このような、顕微鏡によるディスプレイのクォリティの見分け方は、参考になったのではないかな。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))