election
CNN

オバマかロムニーか? 大統領選観戦に便利なウェブアプリ2本

次の記事

iPad Miniアプリケーションを開発する際に考慮すべき3つのポイント

アメリカの大統領選挙は各州に割り当てられた538人の大統領選挙人を選出する間接選挙方式だ。270人以上の選挙人を獲得した候補が勝利し、世界でももっとも強大な権限を手にすることになる。しかし大半の州はすでに行方が決まっているので、勝敗を左右するのはいくつかの接戦州だ。難しい数学の問題は本当に頭痛を引き起こすという記事があったが、大統領選挙のニュースを見るときには便利なツールを利用して頭痛を予防しよう。

New York TimesとCNNがそれぞれスマートなアプリを公開している

512のホワイトハウスへ道

確率論が好きな向きにはNew York Timesが作った巧妙なアプリをお勧めする。このアプリは接戦州の開票結果にもとづいてオバマ、ロムニーの勝利の確率を予測する。おそらく最初に結果が判明するのはノースカロライナ州だろう。このアプリ(NYTの選挙のプロ、Nate Silverのモデルをベースにしている)は、たとえば、ノースカロライナでオバマが勝った場合、オバマの勝利はほぼ確実(512の可能なシナリオのうち93%がオバマの勝利)だと予測する。〔日本版:このアプリはフロリダを筆頭に8つの接戦州について、それぞれどちらの候補が取るか、すべての組み合わせを辿れるようになっている〕

選挙地図

テレビの開票速報を見ながらいつも地図を参照していたい地図ファンにはCNNの選挙地図をお勧めする。ユーザーは好みのシナリオを選択することができる。各州がオバマ寄りかロムニー寄りかあらかじめ色で識別されている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+