催涙スプレー内蔵iPhoneケース–痴漢好みのタイトなジーンズを着ていても大丈夫

次の記事

中国がGoogleのサービスのほとんどすべてをブロック–党大会の保安のためか

iPhoneが大好き。タイトなジーンズも好きよ。お財布は要らないし、痴漢なんか化学兵器でやっつけちゃうわ。このiPhoneケースにはポケットがあって、そこに催涙スプレーを入れておける。ユーザがiPhoneを横に持って(上図)、安全ピンを外し、側面のボタンを押すと、相手は一瞬、写真を撮られたと思う。そのさらに一瞬後に、彼は真実を体験する。

Spraytechという名前のこのケースは、Phone 4用でお値段は40ドル。色は(もちろん)パステルピンクとブルーだ。テスト用のカートリッジが付いているから、ハバネロ唐辛子のスプレーを実際に浴びることなく、装置の健康状態をチェックできる。交換カートリッジは18ドルで、(もちろん)ケースの色と同色のものが用意されている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))