Amazon、フランス国税局から2.52億ドルの支払い命令を受け、法的対抗を明言

次の記事

GoogleとAcer、199ドルのChromebook C7を発売。低価格競争はどこまで行くのか?

また一つ巨大インターネット会社が、フランスの国税局、Direction générale des financesの標的になっている ― 納税違反のためだ。同局はAmazonに対して、2.52億ドル(1.98億ユーロ)の申告漏れおよび追徴税を支払うよう要求している。ヨーロッパにおけるAmazonの売上はその大部分が、法人税のずっと安いルクセンブルグに送られている。これは合法ではあるが、法令遵守のためには微妙な部分もある。

ロイターによると、要求の対象範囲は会計年度2006年から2010に渡る。最新の四半期決算報告に添付された資料には、Amazonがこの告発に対して法的に対抗する用意があると書かれている。

今日ロンドンでAmazonの代理人がこの問題について簡単にコメントしたとロイターは伝えている。このニュースは、現在ヨーロッパ諸国が同様の脱税問題に取り組んでいる一環として報じられた。

Amazonの場合、利益の大部分が法人税のためにルクセンブルグの子会社へ送られている。ルクセンブルグとフランスは共にEU加盟国であるため、これは完全に合法である。しかし、同社はその売上がフランス国内当事者同士で結ばれた契約によらないことを証明する必要がある。例えば、フランスの顧客とAmazon.frなどだ。

今日、Starbucks、GoogleおよびAmzonは揃って、英国で殆どあるいは全く納税していない事実を正当化しなければならなかった。11月1日に本誌は、Google Franceが罰金13億ドルを課されていることを報じた。

ヨーロッパ各国の税務機関がこの問題に取り組むのはかまわないが、問題はもっと奥深い。罪を犯した企業を告発しようとするよりも、EUの税体系全体を見直す必要がある。もしフランス企業が現在のようにヨーロッパ企業として扱われるのであれば、ヨーロッパ各国で同じ水準の法人税を払うべきだ。そうすれば、アイルランドやルクセンブルグなどの税に優しい国々に売上を送るインセンティブはなくなる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)