そろそろギフトシーズン。お世話になったあの人にDottling製腕時計ワインディングマシーンは如何(1万4000ドル)?!

次の記事

自分の顔(首から上)を3DプリントできるMakerBotのお店がニューヨークに開店

Dottling-Gyrowinder-watch-winder-1時計のワインディングマシーンなどをお持ちだろうか。少々見えっ張りな男性(あるいは女性も)がよく持っている、ちょっと贅沢ではあるが便利な品物だ。今回紹介するのはDottlingによるもので、Gyrowinderという名前がついている。外見も機能もかなりの贅沢ぶりを発揮している。

このGyrowinderは、とても大事にしている高級腕時計を、ジャイロスコープ風のベルトに留めて、まるで1990年代の未来映画にあったような不思議な動きをさせながらネジを巻くものだ。もちろんネジを巻くのにそんな複雑な動きをさせる必要はない。必要性などという概念をはるかに超えたところで動作する「マシン」になっているのだ。

そしてこのGyrowinderには、ふと笑いを漏らしてしまうところがある。というのもこれ、なんと11000ユーロ(1万4000ドル)もするのだ。つまりこのGyrowinderは、持っている超高級腕時計を、同じく超贅沢なワインディングマシーンに入れて、油田所有者や王様などに見せびらかすためのものなのだろう。もちろん腕時計のネジも巻けるが、それ以上に芸術品としての価値を感じるべきものだということなのだと思う。

通常のワインディングマシーンは、腕時計を一方向にくるくる回し、腕時計内部のおもりを動かして自動的にネジを巻くというものだ。このGyrowinderについては、見ているといったい何をしようとしているのかもわからなくなってしまう。

Gyrowinderについてはこちらに詳しい記事がある(こういう機械にはきっと高級毛皮で作ったハタキで掃除をする執事のような人も必要だと思うのだが、記事中では触れていない)。

動作の様子はこちらにも掲載しておこう。

via Ablogtowatch

原文へ

(翻訳:Maeda, H)