zaim

マネー管理のZaimがクックパッドから4,200万円の資金を調達

次の記事

PhorceはガジェットやMacに充電し、Bluetooth経由で管理できるすぐれものバッグ―Kickstarterで予約受付中

Zaimはスマートフォンで使えるマネー管理のアプリで、これを作った閑歳孝子氏が起業家としてこのサービスを育てていくことについては9月に記事にしている。そして、資金調達である。Zaimは第三者割当増資でクックパッドから4,200万円を調達したことを発表している。

当初は第三者からの資金を積極的に受け入れる気持ちはなかったことを彼女は僕に打ち明けてくれた。まずは自分が生きていけるだけの生活費をこのサービスから稼げればよいと考えていたようだ。ただ、クックパッドの代表執行役兼取締役を努める穐田誉輝氏に会ってその考えは一変した。投資のオファーは穐田氏側から提示されたようだが、クックパッドはそもそも彼女にとって尊敬するサービスであり、クックパッドのメインとなるユーザーの主婦層もZaimのターゲットと重なっているのが投資を受ける決め手になったと彼女はいう。もしかしたら両社での今後のシナジーなどもあるのかもしれない。

穐田氏はカカクコムに投資をして自身が経営者となって成功に導いたり、クックパッドへも早い段階で投資をして後に経営に参加している。こういった過去の経験を見ても明らかなように、ユーザー向けサービスに対しての経験は非常に高いものを持っている。そういう面にも彼女は引かれたようだった。

さて、調達した資金で何をするのかと閑歳氏に訊ねると、現在はiOSやAndroidのアプリが中心となっているので、PCでもタブレットでも使えるウェブベースのZaimのホームベースとなるものを創りあげたいということだった。そういう人材の獲得が必要になるのだろう。ほかにもAndroidアプリのリニューアルをしたいとも語っている。

いくつか競合もあることなので今回の資金調達ですぐに実現できるかはわからないが、彼女は「Zaimで家計簿やマネー管理といった分野でナンバーワンのサービスになりたい」と語ってくれた。