glenn
gladstone institute
discovery
diggnation

人気ポッドキャストDiggnationノーベル医学賞山中伸弥博士のグラッドストーン研究所へ行く

次の記事

MozillaがMicrosoft MSN向けにカスタマイズされたFirefox特別エディションをリリース

Visiting The Nobel Prize Winning Gladstone Institutes - Toasted Donut

成人の細胞から幹細胞を作る。すごい。ノーベル賞を取る。これもすごい。不治の病が不治でなくなるかもしれない。うーん、すばらしい。

このビデオはDavid PragerGlenn McElhose作だ。彼らのRevision3はDiscovery Channelに買収されたが、彼らの名はDiggnationで不滅となった(解説)。彼らは今回、ノーベル賞を取った研究所を訪れ、またすばらしいビデオを撮った。科学を、こんなにおもしろいビデオにできる人は、ざらにはいない。

まるでそれは、Mr.WizardにBill Nyeを足してDiggnationの風味を付けたような作品だ。ぜひ、ご覧あれ。

PragerとGlennは今回、友だちのAnne Holdenがそこで働いているGladstone Institutesを訪ねてビデオドキュメンタリーを撮影した。2012のノーベル医学賞を授与されたShinya Yamanaka博士は、この研究所の上級研究員だ。賞の対象となったのは、彼が2007年に発見した、ふつうの成人の皮膚の細胞を、胎児の幹細胞のような細胞に変える方法だ。その細胞はその後、人体のどんな部分の細胞にでも成長発展できる。Gladstoneの研究員Kathryn IvyとKimberly Cordes、それにMark Whiteらは、このノーベル賞級の発見が持つ無限の可能性を利用して、世界のとびきりの難病を治療する方法を独自に研究している。

彼らの別番組、Toasted Donutでも、ぜひ見たいね。

でも、科学の科の字ぐらいは分かる人が見たら、このビデオも十分楽しめるだろう。そしてご自分をまた、数歩は進歩向上させられるかもね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))