Swivl

モバイルからコントロールするカメラスタンドSwivl, 機能満載で新バージョンを発表

次の記事

モバイル写真を制する者は宇宙を制す

昨年の今ごろ、iPhone用ドックSwivlがお目見えした。人の動きを追うカメラスタンドで、それを使うと自分の動きをビデオ撮影できる。それを作ったスタートアップSatariiは、最初Indiegogoで資金を募集したが、このたびアップグレードを発表した。Swivlの今回の新バージョンは、タイプが二種類ある。

TechCrunch TVはさっそくSatariiのファウンダにインタビューして、何をどうしたのか、などを聞いた(下のビデオ)。新バージョンは、iPadなどのタブレット(&スマートフォン)をカメラとして使えるし、ふつうのデジタル一眼レフも乗せられる。モバイルデバイスからSwivlの動きをコントロールできるアプリも、近く提供される。

新バージョンのSwivlは149ドルと229ドルの二種類だが、今Kickstarterへ行けばもっと安く手に入る。白いプラスチック製の安いほうは、オーディオとカメラデータ用のケーブルインタフェイス、BluetoothとWiFiによるコントロール、360度パン、20度チルト、iPadやデジタル一眼レフをマウント可能だ。色がシルバーの高いほうは、人の動きを自動的に追う。リモコンもある。またワイヤレスのスピーカーとマイクを使ってビデオ会議などができる。そのほかのツールも、いろいろある。

Satariiには、Swivl用の多様かつ豊富なアプリケーションを作りだす能力がないので、同社はSDKをリリースしてサードパーティのデベロッパに期待している。詳細は、下のビデオを見ていただきたい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))