待望のiPhone版グーグルマップが登場、今日からダウンロード開始

次の記事

モバイルからコントロールするカメラスタンドSwivl, 機能満載で新バージョンを発表

iPhoneユーザーに朗報だ! ついにグーグルが今日iPhone向けのグーグルマップのアプリを発表した。グーグルのプロダクトマネージャーの牧田信弘氏によれば、このアプリはまったく新しいユーザーインターフェイスになっているという。これはAndroid版とも違うインターフェイスとなっている。すでにAppStoreからダウンロードできる。

まだダウロードして試したわけではないが、記者発表の内容を聞く限りこのアプリは実に素晴らしくよくできいるようだ。ユーザーインターフィエスはもちろんのこと、デスクトップのグーグルマップとの連動が可能となっている。たとえば、グーグルマップにデスクトップ上でログインして、場所などを検索するとその履歴はデスクトップとモバイルとで連動するようになっている。

マップ自体はベクトル方式で描画され、スムーズに表示されていた。ズームイン、ズームアップ、回転などができて、さらに、2本指で傾けるとバードビューでも地図を表示することができる。

また地図だけでなく「情報シート」によって、詳細な店舗情報が地図とともに表示される。店舗までの経路検索なども簡単にできるようになっている。

情報シートには、店舗名、営業時間、住所、電話番号が表示され、それに通話、保存、共有といったボタンが用意されていて、iPhoneとのインテグレーションがなされている。さらに、店舗に対する口コミやストリートビュー、店舗内の写真なども見られる。これは、強力なローカル検索にもなりうる。

そのほかの機能は次のようなものが用意されている。

●ナビゲーション
カーナビゲーションとしてもすぐれたインターフェイスを持っているようだ。ナビゲーション画面では上部に通り名が表示される。通りの距離などが表示される。また下部には到着予測時間、距離などが下部に表示される。上部の通り名の部分はスワイプできて目的地までに通る通り名が次々と表示されるようになる。

●カテゴリー検索
カテゴリー検索では自分が行きたい店舗のジャンル(たとえばレストランだとか)を検索すると、マップ上にその場所を赤い点で示してくれる。検索結果が複数あれば赤い点は複数表示されるが、その中から1つの点をタップするとその店舗の情報シートが表示される。また、情報シートをスワイプさせるとほかの検索結果の情報が見られる。

●交通状況・路線図・航空写真など
マップ画面の右下部を左側にスワイプさせると、交通状況や路線図、航空写真を表示させるためのメニューが表示される。Google Earthボタンを押すとGoogle Earthが軌道される。

●自分のプロファイル
自宅・職場・最近の保存した場所などが登録されている。たとえば、プロファイルが自宅をタップするとその場所から自宅までの道のりをおしえてくれる。

●フィードバックの送信
シェイクすることでマップ上の間違いなどを投稿できる

機能が豊富なこのアプリは、単純な地図アプリではなくローカル情報サービスとしても十分に使えそうだ。

(画像提供:グーグル)