Lytro
chaos collective

Lytroを買わずにふつうのデジカメでピント可変の写真を作れる–The Chaos Collectiveのハック

次の記事

ホワイトハウスの公式陳情サイトに迅速な銃規制を求める署名が殺到

Lytroは、被写界深度をあとから容易に操作できる画像を作れる、とってもクールな技術製品だが、同時にそれは、率直に言って、解像度の低い写真しか撮れない、目的の限られたカメラを、400ドルも出して買うことでもある。しかしThe Chaos Collectiveが作ったキットを使うと、あなたのデジカメにビデオ撮影機能があり、ピント合わせを手動でできるなら、Lytroと同じような画像を自由に作れる。

いちばんいいのは、レンズ交換のできるDSLR(デジタル一眼レフ)で大口径のレンズを使うことだ。ぼくはCanon 6DとEF 50mm f/1.4 USMレンズを使って上の画像を作った。でも、手動で焦点合わせのできる、なるべく明るいレンズを使っているデジカメなら、何でもいい。たとえばSony RX100とか。やり方はこうだ: 2〜3秒の短いビデオを撮る…そのとき、遠(または近)焦点から近(または遠)焦点まで急速にピントの位置を変える。そのビデオを、Chaos Collectiveのツールを使って…できれば.m4v形式で…アップロードする。そうすると、Lytroで撮ったような画像ができるから、それをThe Chaos CollectiveのWebサイトにアップロードしたり、TwitterやFacebook、Google+、Pinterestなどで共有したり、あるいは上のように任意のページに埋め込むこともできる。埋め込みコード(上の画像の場合)は、こんなに簡単だ:

<iframe src=”http://dof.chaoscollective.org/dof_if/dculg1ctbpjlo&#8221; height=”380″ width=”640″ frameborder=”0″></iframe>

良い結果を得るためには、三脚を使った方がよい。また、ビデオを撮るときカメラのぶれを防ぐツールがあるなら、それも使おう。でも上の画像は、20ドルの安い三脚を使って、ふつうの手動焦点移動で撮ったものだ。準備から撮影、パソコン上でQuickTimeを使って短く編集、アップロード、そして埋め込みコードを書くまでたった15分だった。

Chaos CollectiveのAdam Kumpfがメールによるインタビューに応じてくれたが、彼の説明によると、このプロジェクトは単なる遊びだ。たった一日でできた試行的実験的ハックだが、でも、今後人気が盛り上がるようなら本格的に取り組んでもよい。そうでなければ、次のアイデアを手がけたい。…ということだ。

下のは、The Chaos Collectiveが提供しているデモだ。このプロジェクトの公式サイトへ行くと、もっといろいろ見られる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))