Googleマップ公開後のiOS 6移行率は0.2%増(Chitika調べ)。Appleマップによる移行への影響は誇張?

次の記事

Googleの検索ページも小学校の銃撃犠牲者たちに静かに献灯

われわれを含め、多くの人々がGoogleマップの公開によってiOS 6への移行が急加速すると思っていた。自分のiPhoneやiPadやiPod touchの標準マップをGoogle製のままにしておくためにアップグレードを控えている人がたくさんいると考えられていたからだ。しかし、モバイル広告ネットワークとして、同社プラットフォームを利用しているアプリをアクセスするテバイスに基づいてiOS移行率を定期的に測定しているChitikaによると、Googleマップ公開から1日半が過ぎた時点で、アップグレードした人数への影響は無視できるほど小さかった。

ios6-adoption-google-mapsChitikaによると、同広告ネットワークをアクセスしたユーザー中iOS 6の割合は、Googleマップが公開された東海岸時間12月13日深夜零時の72.77%から、12月14日2:24 PMには72.94%へとごくわずか増えただけだった。この違いはあまりにも小さく、Chitikaは、同社が見てきた既存の傾向に対するiOS 6利用率への「直接的影響はなかった」と言っている。事実上差はなく、劇的急上昇どころではなかった。ここから何が言えるのだろうか。声の大きい少数派たちは専用Googleマップアプリが出るまでアップグレードを控えると言っていたものの、全体として見ると、多くの人たちはこのアプリが来るずっと前にもうiOS 6に飛び込んでいたようだ。

もちろんiOS用Googleマップアプリは世界一守られていた秘密ではない。クリスマス前に届くという噂は、iOS 6が公開されたその日から浮上していたし、その後の報道も、年内にはApp StoreでGoogleから何かが出てくるという確信を強めるばかりだった。Chitikaの調査によると、同社の2012年10月時点でのiOS 6採用率61%から今回の最新調査までの間にかなりの増加が見られることから、大半のユーザーがすでにアップデート済みで、Googleが比較的早く自社製マップアプリを出す計画だとしても待つ理由はないと考えていた可能性は十分にある。

近い将来Googleマップが出たことを知る人が増え、移行率が急上昇する可能性もあるが、ここ数日のメディアの注目や、同アプリがiPhoneアプリランキングで急激にトップに躍り出たことを考えると、このアプリの認知度が低いままであることは考えにくい。結局このデータに基づいて考えると、大量のiOSユーザーがGoogleマップが戻ってくるのをじっと待ってアップデートを拒否していた、という認識は事実というより絵空事だったようだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)