bonus
AOL

AOL:本年合意した$1.056Bの特許販売を祝って、全従業員に対して1,056ドルのボーナスを支給

次の記事

iOS版Googleマップ、公開後48時間で1000万ダウンロード突破。Googleが異例の発表

armstrong-scrooge

まるで「クリスマスの精神」を理解したスクルージ氏のようではないか。AOLは小さな少年(全従業員)に半クラウン(1056ドル分)をプレゼントすることにした。ホリデーにあわせて、立派な七面鳥がプレゼントされるというわけだ。1056ドルがボーナスとして支払われるのは、今年10億5600万($1.056B)で特許を販売したことに由来する。

AOL内部のことについて(訳注:TechCrunchの親会社はAOL)はあまり書かないようにしている。しかしいかにもホリデーシーズンらしい話であり、記事しておこうと思ったわけだ。どうやらAOLはなかなかうまくやっており、運営サイトのトラフィック成績も上々のようだ。ハイパーローカルなニュースオーガニゼーションを目指すPatchも、この度のコネチカットにおける悲劇の中で、独自の存在感を示すことができたようだ。AOLの今後についてネガティブな見通しもないではなかったが、まだまだ前進を続けているということらしい。

願わくば。タイニー・ティムならぬTim Armstrong(AOL CEO)が従業員の前に出て、アメリカ伝説の名体操選手であるメアリー・ルー・レットンのような見事な技を、映画『3人のゴースト』(Scrooged)のようなシチュエーションの中で決めてくれないものだろうか。まあ、それはおふざけが過ぎるとしたものかもしれない。

本日のAOLの株価。最高31ドルを記録して30.94ドルで引けた。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)