Google、iPhone用YouTube専用ビデオカメラアプリを公開

次の記事

AOL:本年合意した$1.056Bの特許販売を祝って、全従業員に対して1,056ドルのボーナスを支給

Googleの動きが興味深い。この数ヵ月間明らかにモバイルに向かっている。今度は、YouTube専用カメラアプリYouTube CaptureをiPhoneおよびiPod Touch用に公開した。このアプリを使うと、ビデオクリップを撮影後すぐにキャプションを書き、公開範囲を決め、公開できる。

Googleによると、同アプリで嬉しい機能の一つはアプリを終了した後でもバックグラウンドでビデオのアップロードを続けることだそうだ。誰がビデオを見られるかは、通常のYouTubeプライバシー設定(非公開、現定公開、公開)で指定できる。もちろんYouTube標準のカラー調整や安定化などの効果はこのアプリでも利用できるほか「映像のトリミングやYouTube提供の無料BGMも付加できる」。

これらの機能はすべて、デバイス上にある既存のビデオにも適用可能で、いつでも元に戻せる(ただしYouTube.com上でのみ)。

ところで、面白いことにこのアプリがビデオをアップロードする先はYouTubeだけではない。Google+、FacebookおよびTwitterへの同時アップロードもサポートしている。

capture-blog-image_screen

capture-blog-image_logo

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)