六脚ロボットが六翼ヘリになった!

次の記事

モバイルが諜報活動のメインのツールになる?映画やTVドラマではなくて本当の話のようだ

ロボットが世界を支配する日とは、こんなおそろしい光景だろうか。Mad Lab Industriesのおばかさんたちが、彼ら特有のひねくれた理由により、六脚ロボットPhantom AX Hexapodに回転翼が6つあるヘリコプターキットをくっつけた。空飛ぶ昆虫の出現だ。もちろん昆虫だから、狭いところをごそごそと這い回ることもできる。

このチームが挑戦したのは:

歩くこともできるクァッドコプター(4翼ヘリ)を作ろうと思って、六脚ロボットとヘリを数日ロッカーに入れておいた。進化によって突然変異が起きることを、期待したのだ。しかしいつまで経っても自然の驚異は起きないので、われわれが介入しなければならないことを悟った。

最初は軽量プラスチックで作ろうとしたが、最終的にはカーボンファイバーを使うことにした。これなら、軽くて十分飛べると同時に、頑丈だから歩き回れる。この、ぼくが見たかぎりでは最高にクレージーなハイブリッドヘリロボを作るのに、彼らは16時間を要した。二つの機能(歩行と飛行)を操作するために二人の人間が要るが、そのうちこいつ自身が、昆虫にふさわしい感覚器官を持つだろう、きっと。

出典: Make

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))