international space station
christmas

「窓から見下ろす夜の宝石よ」―国際宇宙ステーションの司令官が贈る史上初の宇宙からのクリスマス・キャロル

次の記事

読者リビューを無断で削除したAmazon曰く“宣伝的な内容のものはだめ”

数日前、国際宇宙ステーション上で(たぶん)史上初の音楽演奏の録音が行われた。ステーションの司令官、クリス・ハッドフィールド大佐が弾き語りで歌ったオリジナルのクリスマス・キャロル曲、Jewel in the NightはRedditのr/Music pageページでランキング上位に入っている。

ハッドフィールド大佐はFacebookページとTwitter アカウントも持っている。大佐と宇宙ステーションのクルーは地球から遠く離れた場所でのクリスマスを家族と共に祝おうと、写真のようの船内の天井(無重力状態に助けられて)にクリスマスツリーを飾った。

ceiling

ハッドフィールド大佐には妻と3人の成人した子どもたちがいる。その子供たちの1人がわれわれにこのクリスマス・キャロルを送ってくれた。

大佐は眼下の地球を「明るく輝く夜の宝石よ」と歌っている。ここでは宇宙から地球を見下ろすという特異な体験に基づくクリスマスが歌われており興味深い。

こちらは音声ファイル。

そのうち宇宙旅行が一般消費者の手が届くものになると、この曲は宇宙クリスマス・ソングのスタンダード・ナンバーになるかもしれない。

ともかく人類はマヤのアポカリプスもブラック・フライデーのショッピング・アポカリプスも生き延びたことではあるし、あと数世紀は大丈夫だろう。

Jewel in the Nightが「きよしこの夜」や「ジングル・ベル」と並ぶ日がこないとはかぎらない。

歌詞

So bright, Jewel in the night.
There in my window below.
So bright, dark as the night.
With all of our cities aglow.

It’s long been our way
To honor this day
And offer good will to man.

And know, where eever we go,
It’s come round to Christmas again.

So far, shines every star.
They’re without limit to see.
So grand, far away land
Beckoning, calling to thee

And let it be shown
Where ever we go
In all of the wonders above,

With all that we bring
There’s no finer thing
Than this message, this province of love.

A love for the families
That gather below.
Love for the stranger
That you’ll never know.

For those who aren’t with you
Who wander above.

So bright, jewel in the night.
There lies the cradle we knew.
Home of all that we love
And all of our memories, too.

It shall be our way
To wander away
And take with us all that we know.
And never cease this message of peace
From Bethlehem so long ago.

It shall be our way, to wander away,
And take with us all that we know.
And never cease, this message of peace,
From Bethlehem so long ago.

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+