Facebookで飲酒運転を自慢したティーンが逮捕された

次の記事

Indiegogoによる2012のクラウドファンディングの業績: 調達額は増, 期間は短縮

facepalm

警察は、Facebookで飲酒運転を自慢したオレゴン州のティーンを見せしめのために逮捕した。“酔って運転するのは最高さ 😉 、でもぶつけた車の持ち主には、ごめんなさい 😛 “、とそのおバカな18歳は書いた。地元のニュースチャンネルKGWにによると、二人の人がFacebook上で警官にその記事のことを通報した。いちばんそれらしき、汗まみれの二日酔いティーンの車を調べてみると、その車の傷と元旦の朝ぶつけられた二台の車の傷がマッチした。

そこから導かれた結論は強力!、手錠だ。容疑は“運転者の義務不履行”2件。ただしFacebookの投稿は、酔っていた証拠としては不十分ということで、飲酒運転はなし。…とKGWは副署長Brad Johnstonの話を伝えている。

警察のプレスリリースにはこうある: “Astoria(オレゴン州アストリア市)の警察はソーシャルメディアを積極的に利用している。ただし今回の件は、当署の警官の一人に宛てたFacebook上のプライベートメッセージがきっかけとなった。Facebook上に投稿するときには、プライベートが長続きしないことを理解すべきである”。

注記: ほかの多くのメディアの記事と違って、本誌ではそのティーンの名前を載せないことにした。本誌のスタッフとライターの全員に、若気の至りの愚行の前科がある。彼は法の処罰を受けているし、それによって彼の仲間たちも今後は無謀な行為を自粛するだろう(と望まれる)。しかし、一回の愚かな過誤が、彼が一生背負うことになる、世間の誰もが知る恥となるべきではない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))