スマートフォンが居間のテレビでYouTubeを見るリモコンになる―LG、パナ、ソニー他がCESで対応テレビの発表へ

次の記事

Google、反トラスト法調査でFTCと和解―検索からのコンテンツの削除、広告キャンペーンの他社移行、標準必須特許のライセンスで譲歩

youtube logo

YouTubeはあらゆるデバイス、特にテレビ用のアプリを精力的に開発してきた。そうすればユーザーは居間の大画面テレビで普通のテレビ番組と同じようにYouTubeが見られる。しかしここには問題があった。ケーブル・テレビならチャンネルは数百ですむが、YouTubeの場合、チャンネルは数百万あり、ビデオの数は数十億に上る。いったいどうやって視聴者は見たいコンテンツを探せばよいのか? 普通のリモコンでは不可能なことは明らかだ。

そこでYouTubeはユーザーが登録ずみのチャンネルが簡単に再生できるようにするなどインターネット接続テレビのYouTubeプレイヤーの改良に力を入れてきた。さらに高度な改良として、各種モバイルデバイス上でビデオを検索し、それをテレビ上で再生できるようにした。

これにはモバイルデバイスとテレビを何らかの方法でペアリングすることが必要になる。これまでそれにはGoogle TVデバイスPlayStation 3、Xboxなどのゲーム機が使われてきた。このペアリング機能が近く大きく拡張されようとしている。

1月8日に開幕するCES 2013で YouTubeは新たに多数のデバイスとのペアリングをデモする予定だ。YouTubeアプリをサポートするデバイスのにはBang & Olufsen、LG、Panasonic、Sonyなどが含まれる。また今年中にPhilips、Samsung、Sharp、Toshiba、Vizio、Western Digital他のデバイスも順次ペアリング機能を提供していくという。

H+ living room screenshot

また単にテレビとYouTubeとのペアリングが可能になるだけでなくペアリングの手続きも簡易化される。YouTubeの広報担当者によれば、ユーザーはペアリングのために専用ウェブサイトにアクセスする必要はなく、携帯のYouTubeアプリ自体がテレビと同じネットワーク内にあることを検出して、ほとんど瞬時に接続を完了するのだという。

これによってユーザーはモバイル・アプリから検索したり、お気に入りを選択したりして、ただちにそのビデオをテレビで再生できるようになる。スマートフォンやタブレットで面白そうなビデオを見つけたらすぐにそのまま大画面テレビで視聴できるわけだ。プレイリストに登録しておくこともできる。しかも同一ネットワーク内で複数のデバイスとペアリングできるので、友だちがそこに来合わせたらそのプレイリストを再生して楽しむこともできる。

Wii U feed my subscriptions mysteryguitarman hplus

今年のCESに登場する新しいデバイスは全部が新しいシンプルなYouTubeのユーザーインタフェース(www.youtube.com/tv)を備えることになるはずだ。このUI にはさまざまなカテゴリーのチャンネルやユーザーが登録済みのチャンネルが表示され、テレビのリモコンから選択できる。しかし率直に言えば、モバイル・デバイスとのペアリングがなんといってもYouTubeを見るには最良の方法だろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+