Firefox 18が全プラットホーム向け一斉にリリース–完全に新作のJavaScript実装系で高速化を実現

次の記事

女性を確実で健康な妊娠に導くサービスOvulineがシード資金$1.4Mを調達

firefox-logo-250

Mozillaがスケジュールどおりに、Windows、Mac、Linux、そしてAndroid用のFirefoxブラウザの最新安定バージョンリリースした。このFirefox 18で、Mozillaの新しいJavaScriptコンパイラIonMonkeyが初めて搭載される。適正なベンチマークによれば、IonMonkeyは旧コンパイラよりも25%以上性能が高く、そのためFirefox 18では多くのWebアプリケーション、とりわけ
ブラウザ上でプレイするゲームなどが、相当高速になった。

その高性能をデモするためにMozillaは今日(米国時間1/8)、Mozilla Developer Networkが開発した3DのWebゲームBananaBreadを使った。これはHTML5とWebGLとJavaScriptだけでできていて、8月にリリースされた。

期待されていたとおりに、Firefox 18は安定バージョンでも高精細のレティナディスプレイをサポートする。また、画像のサイズ可変化アルゴリズムが新しくなり、ブラウザ内でのサイズ変えに依存する多くのサイトが、従来よりも良質な画質を提供できるようになる。

さらにFirefox 18では、ブラウザ上で低レベル低信頼性UDP通信ができる通信フレームワークWebRTCの仮サポートが提供され、リアルタイムビデオやチャットなどでその威力を発揮する。

ただし今回のバージョンでは、PDFリーダーは間に合わなかったようだ。かなり前から開発に取り組んでいるが、今度の木曜日(1/10)にやっとベータがリリースされるという状況だ。

Firefox forAndroid: IonMonkey, フィッシング対策, Google Now検索ウィジェットなど

いつも通りに、Firefox for Androidのアップデートも今日に間に合わせた。デスクトップバージョンと同じくIonMonkey JavaScriptコンパイラがあり、またオプトインで検索の候補語が提供される。Mozillaによれば、このAndroid用Firefoxは“セキュアな接続により各種サービスを提供するのでユーザデータが保護される”、という。

さらにフィッシング対策とマルウェア対策機能により、悪質なWebサイトに遭遇したときにはユーザに警告を出す。

Firefox for Androidのもう一つのおもしろい機能として、Google Nowの検索ウィジェットの導入がある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))