にせアプリ詐欺を防ぐためにAppleはスクリーンショットの変更を禁止

次の記事

DeNAは新ロゴを発表していくつかのサービス名称を統一

Image (1) Apple-logo2.thumbnail.jpg for post 334564

今日(米国時間1/9)のAppleの発表によると、アプリがいったん承認されると、iTunes Connectにあるそのアプリのスクリーンショットはロックされる。スクリーンショットの更新は、デベロッパがアップデートされたアプリのバイナリを提出したときにのみ、可能となる。

この決定により、よくある詐欺の手口を防げる。それは、人気の高い、ときにはiOS以外の、ゲームから盗んだスクリーンショットを使って、にせのアプリを買わせる手口だ。過去には、単なるチェスやカーレースのゲームをHalo 4と偽って売ろうとした例や、“Pokemon Yellow”となっているがまったく動かないゲームなどがあった。あれもこれも、詐欺を行うデベロッパが、アプリの承認後にスクリーンショットを変え、さらにその後、ストアの説明文を変えても、App Storeに気づかれなかったことに起因している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))