OpenCompute
open compute summit
Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)

FacebookがOpen Compute ProjectでIntelと協働, データセンターの設計を一般公開へ

次の記事

Facebook、iOSメッセンジャーアプリのVoIP通話を米国で提供開始

ocp

Facebookが今日(米国時間1/16)のOpen Compute Summitで、同社のデータセンターの、画像を保存する部分や、高可利用性と低電力消費を両立させている部分の設計を、これまで以上にオープンソース化する、と発表した。

このニュースのほかにも、今日は次のような一連の発表があった:

  • シリコンフォトニクス: Intelは近未来のシリコンフォトニクス(silicon photonics)テクノロジのための設計を貢献している。それは100Gbpsの相互接続を可能とし、複数世代のプロセッサ生成にも対応可。
  • “グループハグ”ボード: Facebookはマザーボード用の新しい共通スロットのアーキテクチャの仕様(ニックネーム: “グループハグ(Group Hug)”)を貢献している。完全にベンダ中立的なボードが作れ、最大で10のSOCに対応できる。
  • 新しいSOC: AMDとApplied MicroとCalxedaとIntelがグループハグボードのサポートを発表。Applied Microは新デザインによる実機のデモを行った。
  • 新会員: 10数社が新たに参加。その中にはストレージ指向のEMC、Fusion-io、Hitachi、Applied Micro、ARM、Sandiskなども含まれる。

Facebookは、一日あたり3億の画像を保存している。同社は、画像を保存するがアーカイビングはしない技術によって、ユーザが必要なときそれらに自由にアクセスできるための方法を、必要としている。

FacebookはOpenComputeの”Open Rack“を使って、写真用のコールドストレージラックを作った。その仕様が、今回一般公開され、誰でも利用できるようになった。

同社はまた、DragonStoneを貢献している。それは、低電力消費のデータベースサーバ、そのCPUボード、冗長電源など、“コールドデータ”ストレージのための設計仕様だ。DragonStoneは、スウェーデンのLuleaにあるFacebookのデータセンターで使われ、40%以上の効率アップを実現している。

さらにFacebookは、Winterfellを貢献している。これは、一つのラック上でサーバの台数を今よりも増やすための、新しいWebサーバの設計だ。

Facebookは、オープンなデータセンターデザインによるイノベーションを必要としている。イノベーションはFacebook自身からだけでなく、Intelのような伝統的な企業からももたらされる。たとえばIntelの場合は、上述のように、未曾有のレイテンシ特性を持つ100GBps接続性の、シリコンフォトニクス技術の仕様を一般公開している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))