Facebook、iOSメッセンジャーアプリのVoIP通話を米国で提供開始

次の記事

Facebookのグラフ検索は、プライバシーを利己的に感じさせる

今年Facebookは、iPhone版Facebookメッセンジャーアプリ利用者向けの無料(キャリアーのデータ通信料を除く)通話機能を、当初カナダでテストを開始したが、このほど米国でもサービスが利用できるようになった。米国の同アプリユーザーには無料通話ボタンが表示される。双方がFacebookメッセンジャーアプリを使っていれば、いつでも通話できる。

これはFacebookユーザーにとってかなり便利な機能だ。しかもSkypeやViberなどのVoIP通話アプリと違って、音声通話の準備を整えている相手のネットワークがFacebook上にすでに出来ている可能性が高い。また、データ通信を使うため携帯ネットワークでは完全に無料ではないが、家のWi-Fiでは完全に無料なので、固定電話の代わりにするユーザーも多いだろう。

カナダでのテスト運用についてのJosh Constineの記事にあるように、これはSkypeネットワークを利用したものではない。両社が音声およびビデオチャットで提携していることから、そう思った人もいるかもしれない。しかしこれは、ユーザーのコミュニケーションのあらゆるチャンネルを所有しようというFacebook独自の試みだ。どうやらカナダでのテストは成功したようだが、ユーザーベースのはるかに大きい米国でどうなるか注目したい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)